topimage

2017-05

いまさらですが2月のパンとお菓子 - 2017.04.14 Fri

4月も半ばですが2月に作ったパンやお菓子の中からセレクションです。

20170328003027640.jpg
ゼリーかババロアのように見えますが、寒天で作りました。
ゼラチンのほうがこういうお菓子には向いているように思いますが
寒天は固まるのが早いので便利です。(この日は急いでいたんです)

20170328003052b73.jpg
何度も焼いているカンパーニュ。ライ麦、胡桃などを入れて。
クープ(切れ目)の入れ方をいつもと変えてみました。

20170328003114b81.jpg
四角い型に、生地をぎゅっとつめて焼くちぎりパンです。

20170328003129c0d.jpg
サツマイモのタルト。
長方形のタルト型を買ったので使ってみました。
タルト台はバター不使用です。
クリームチーズに卵、砂糖、サツマイモを入れました。

20170328003252db8.jpg
ミルクハース。
普通ミルクハースはもっと大きな楕円形にして、切り分けて食べるのですが
小さくまん丸にしてみました。2~3個で一人分です。

20170328003343057.jpg
中身はクリームチーズと漉し餡です。
あんバターも美味しいですがクリームチーズも合います。
この成形はちょっと工夫していまして、と言っても難しくはないのですが
きれいな形になりました。

20170328003433e04.jpg
ベーグル。小麦胚芽入りの粉を使いました。
ベーグルをつやつやに焼くコツがだいぶ分かってきました。

201703280035026d1.jpg
ホットドッグ型に焼いて、
生ハム&クリームチーズとベーコン&卵サラダをサンド

20170328003519d36.jpg
平焼きアンパン。
サツマイモあん、とこしあんです。
普通のアンパンと平焼きのどこが違うかといえば、
上下ともこんがり焼き目がつくので香ばしいのと
中に空気の隙間ができないってことですかね。

201703280035440a4.jpg
キャラメルクリームとシナモンクリームをそれぞれ巻いて
マフィンカップに入れて焼きました。
カップに入れると形もそろうし食べやすいしオススメです。
市販のキャラメルパンやシナモンパンは甘すぎて・・・
その点、自分で作ると加減ができていいです。

201703280036126ae.jpg
最後はクロワッサン。
クロワッサン作りは時間がかかるし、丁寧かつ手早くやらないと形がひどいことになるのですが
その分、焼き上がりにバターの良い香りが漂ってきたらうれしいですし
綺麗な層ができるとちょっとした達成感が味わえます(笑)
気合いを入れないとできないけれど、「よし!作ろう!」と集中するのも好きです。

以上です。



web拍手 by FC2

1月のパンまとめ - 2017.03.08 Wed

もう3月も中旬になりますが、今ごろ1月に焼いたパンをご紹介。
(やっておかないとなんだかスッキリしなくて…)

20品目くらい焼いたうちのいくつかです。


ちぎりパン、と言って小さく丸めた生地を四角い型に並べて焼くもの。
ホイップクリームとチョコクリーム半々に
イチゴを飾りました。


バターロールのアレンジです。
最後のひと巻き分を三つ編みにしてくるっと巻きました。


ヴィエノワというパンの形です。牛乳、卵、バターとリッチな生地を細長く焼いて
甘いクリーム類を挟むのが一般的らしい。
チョコバナナホイップクリームと、
ベーコン&卵サラダの甘系しょっぱ系を作りました。


黒豆をたくさん入れたパン。
きな粉を入れた生地と紫芋パウダーを入れた生地で
キレイな色をつけました。
和菓子みたいなパンです。


ふんわりチーズパン。
ピザのようにこんがり焼けたチーズじゃなくて
ふわふわの生地でチーズも柔らか目に溶かしたいなあと思って作りました。



キャラメルシートを折り込んでくるくる巻いて。
シートを折り込むパンは、かなりコツがわかってきました。


水の分量を全て牛乳にして焼いた角食パン。
柔らかくて甘みがあります。
昼ごはん用にサンドイッチにしました。


網目のように包んだおかずパン。
卵サラダとかぼちゃ(甘辛く煮たやつをペースト状に)
このくらいの大きさが食べやすくて好き。


バターロール。ウィンナ入りとチョコ入りです。
バターロールの成形はかなり上手くなったかなぁと自画自賛(笑)

あまり間が空かないうちに、
2月のパンまとめもUPしないと。
何を焼いたんだか本人も忘れてしまいますからね。

web拍手 by FC2

ひなまつり 2017 - 2017.03.06 Mon

先週金曜日はひな祭りでしたね。

一人暮らしの娘T嬢も帰ってくるので
ちょっと気合いを入れて、お祝いの食事を…
と思ってたのに
午後の仕事を終えて、ついうたた寝をしてしまい
慌てて買い物、大急ぎで準備しました。
結果、もう一品作るつもりだったものが出来ず。
でも絶対作ろうと思っていたケーキは出来たのでいいかな。


メニューは、
菜の花とカブとサラダほうれん草のミモザサラダ
海鮮ちらし寿司
ハマグリと紅白はんぺんのお吸い物
三色レアチーズケーキです。


娘たちは、かんぴょうや干し椎茸、レンコンなどを甘く煮て
錦糸卵、桜でんぶなどを散らしたお寿司は嫌いだというので(わがままか!)
甘すぎない寿司飯にして、マグロ、タイ、イクラ、カニほぐし身、マグロすき身をのせました。
これだけでお腹いっぱい。

ひな祭りらしく三色のレアチーズケーキを作りました。

いつものレアチーズケーキ用の生地を三分割して
イチゴのみじん切りと紅麹パウダーでピンクに、
真ん中は生地をそのまま
下の段は抹茶パウダーで若草色にしました。
土台はクッキーを砕いて固めて…という時間が無かったので
市販のスポンジケーキを薄くスライスして貼り付けました。
エンゼル型に入れて作ると可愛くていいですよ。



愛犬メルちゃんが家に来て以来、雛人形を出していないのですが
出したとしても、もうメルは誤飲したり触って壊すなんてことはないと思うんですが
出すのがめんどくさかったりしてねf^_^;

雛人形は飾らないけど二人の娘たちの幸せは
いつもいつも願っております。

web拍手 by FC2

12月のパンまとめ - 2017.01.16 Mon

更新をサボってまして…1月も半ばですが
先月焼いたパンの中からいくつかを。


長めのウインナー(手前)、チョコ(奥)を巻いて。ちょっと可愛く成形しました。
三つ編みっぽく見えますがそうではないの。



ごまとチーズたっぷりのベーグル。
一個でお腹いっぱいのサイズです。



りんごをパイ生地で巻いたアップルローズパイ。
パイ生地の中にクリームチーズとお砂糖を挟んでいます。



こちらはクリームチーズを少し入れて焼いたバゲット。
メープルシロップをかけて美味しく食べました。



チョコシートを折り込んで(3回くらい畳んで伸ばす)くるくる巻いてカット。
ピーカンナッツとアーモンドを乗せて焼きました。



アップルパイ。カスタードクリーム入り。
毎年、母と姉が美味しいリンゴを送ってくれるので
冬の間はリンゴを使ったものが多くなります。
ちょっとパイ生地が足りなくて、網目がスカスカになりました…。



クリスマスイブの朝食にした
シュガーバタートップと塩バタートップ。
クリスマスっぽいマフィン型に入れた。
高さが出たし、大きさも揃って良かったな。



定番のハムチーズマヨロールとあんぱん。
姪っ子ちゃんが泊まりに来た時に焼いた朝食用でした。



チョコチップとドライフルーツのラム酒漬けを入れたカンパーニュ。
カンパーニュのクープ(切れ目)は普通十字型に入れる事が多いですが
このクープをやってみたくて…で、ぱっくりと開いて
まん丸く焼きあがり、とても嬉しかったです。
このクープの入れ方はまたやってみるつもり。

ほぼ毎日のようにパンを焼いていますが
それほどレパートリーがあるわけでもなく
同じのを何回も作っています。
でもその都度、焼き上がりが違ってくるのが
楽しかったり、時にはがっかりしたり。
角食パンひとつとっても、同じ作り方でも
焼き色や固さがちがうんですよね。

安定して作れたらプロなんだろうけど
そんなに上手くなれるはずもなく、
日々、焼き上がりの違いの理由を考えたり
工夫できる事を考えてみたりしています。
それが楽しいんですけどね(^-^)

web拍手 by FC2

11月のパンまとめ - 2016.12.10 Sat

恒例?手作りパンのまとめです。
少し遅くなったけど11月のパンからいくつか載せます。


11月の初め頃、紅玉が出回り始めたので買い求め
果皮の赤さを活かしたパンを焼いてみました。
クルッと丸めてアップルローズっていう形を狙ったのですが
パンは焼くとかなり膨らみますから、ちょっと上に盛り上がり過ぎました。


紅玉を皮と一緒にコンポートにして、鮮やかな色をつけました。
皮の赤さがちゃんと染まってくれてキレイになりました。
イングリッシュマフィンをいつもの倍の高さに焼いたものです。


焼きカレーパン
カレーを作った日の残りの具を少し潰して入れました。
揚げるより手間もかからずカロリーも抑えられて
焼きカレーパンはいいですよ。
朝から油で揚げたものはあんまり食べたくないですしね。


クレッセントロール。
この成形が好きで、でもなかなか上手くできず
何度目かの挑戦でした。だいぶコツがわかってきたところ。シュガーバター味と塩バター味。
バゲットのようにカリッとした焼き上がりです。


フルーツタルトみたいなパン。
カスタードクリームの上にブラックベリーとパイナップル(どちらも缶詰)を乗せました。


ミニクッペ。レーズンとクランベリーチップを混ぜ込んで焼きました。
生地自体はハードパン系(お砂糖ごく少量)で素朴な甘さです。


カボチャパン。
カボチャにバター砂糖牛乳入れてペースト状にして
パン生地に折り込んで。
切れ目を入れてひねって丸めて、手順は簡単なわりに
見栄えが良いのでこの成形方法はお気に入りです。
中に入れるものを変えれば色々できます。


スイートブール。
菓子パン生地の上に、アーモンドクリーム(アーモンドプードルとバター、砂糖)を乗せて焼くと
クリームが溶けて丸い帽子のような形になります。
メロンパンに似てますがこちらの方が簡単。
アーモンドプードルを使ったものが大好きで(フィナンシェとかね)パンにも使ってみたら美味しかった!


アーモンドロール
アーモンドクリームを作った時に残ったものを冷凍しておき
数日後に使って焼いたものです。
この形も中に巻き込むものを変えれば
甘いパンにもしょっぱいパンにもできます。
マフィン型に入れて焼いたので形もキレイに揃って
焼いた本人としては満足満足(笑)

マフィン型に入れて焼くと可愛くなるなあと
最初に気づいたのは↓下のあんぱんを焼いた時でした。

いつものあんぱんと見た目が変わるだけで
和風のパンではなくなるというか、お菓子っぽくなります。


同様にマフィン型に入れたもの。
ブラックベリーの缶詰の残りのをジャム状にして
お花っぽい成形の中に入れました。

ほぼ毎日のパン作りは、めんどうな時もありますが
ひとりでコツコツ作業していると
何も考えなくていいな、と思うときと
逆にひとつのことをじっくり考えられたりもして
多分私の精神安定って言ったら大げさだけど
気持ちを静めるのに役立っているような気がします。

web拍手 by FC2

パンを焼いていなかったら。 - 2016.11.16 Wed

家で、主に朝食用のパンを焼くようになってだいぶ経ちます。
週3回くらいだったのが、ここ何カ月かで週5〜6回?
ほぼ毎日のように焼いています。

夕食を食べて片付けたら、材料の仕込みを始めます。
パンはずっと付きっきりでいる必要はないので
捏ねと発酵させてる間に、風呂を洗ったり
テレビ見たり、家族とあーだこーだと話したりしているうちに
一次発酵終了。
それを成形して最終発酵の時間はたいていの場合お風呂に入ってて、上がってきたら焼き上げです。
なんだかんだで出来上がりは11時過ぎです。

なんでこんなことを続けているかと言えば
それはもう好きだからなんですけど
たまに、こんな遅い時間までパン作りしてる自分が不思議に思える時があります。
本当は、ソファに座ってテレビを見たり
スマホをいじってゴロゴロしててもいいわけですよね。

で、こないだふと考えました。
私がパン焼きにハマってなかったら
夕食から寝るまでの時間、いったい何をやってたんだろうなってね。
テレビもスポーツ中継、ニュース、ドラマ…どれも
ながら見をしていればいいし、
夫や娘とは会話が多いほうだとは思うけれど
ずーっとしゃべってるわけではないですからね。

家族がそれぞれに夜の時間を過ごしている時
私は私で、何か他の趣味を見つけてそれに時間を使っているだろうか、でも他の趣味って言っても
こんなに毎日続けられるものは他に無さそうだし…

夕食のあとから寝るまでの間、バタバタと色んなことをやりつつ最後はビール飲んで寝る(笑)
というパターンが続き過ぎて、これ以外の過ごし方が想像できないです。

もちろん、パンを作らない時もあって
その時は、うーん…ゴロゴロぐだくだしてるかな。
パン作りをやめてしまったら、きっとグータラしてしまうと思うので、
当面は続けた方が良さそうですね。

さて、今日の写真はパンじゃなくてお菓子。
先月ハロウィンの頃に、いくつかお菓子を作りましたのでその写真です。



フィナンシェ。大好きなので自分で焼きたかったもの。
この焼き型がずーっと欲しくて(結構いいお値段するの)やっと買ったのですよ。
温度を変えて2回焼きましたが色が濃い目の方が
見た目も味も良かったです。


これはお菓子パンなんですが、
中にカボチャペーストを入れてカボチャっぽい形にしました。


定番のパンプキンプリン。カラメルソースがけ。


スパイダーチーズケーキ、という名前のレシピを見つけて
作ってみました。
レアチーズケーキに蜘蛛の巣の模様をつけただけですけど、
この日のチーズケーキはいつも作るのより柔らかめで美味しかったです。
これからはこのくらいの固さ(柔らかさ?)でいいかな。

お菓子はたまに作るのが楽しいので
パンのように毎日作るのはちょっとなあ、という感じです。
体重増加も気になるところだしね。
web拍手 by FC2

10月のパンまとめ - 2016.11.10 Thu

毎月一度ずつパン写真をまとめて載せていましたが、
ちょっとさぼってしまいました。

先月焼いたパンのうちいくつかを・・・

20161107000639530.jpg
さつまいもあんを作り、くるくる巻いてカット。
簡単で、きれいにできます。

20161107000659b7d.jpg
カスタードクリームの上に茹で栗を乗せて。
10月に入って、材料に秋らしいものを使うことが増えました。

20161107000619fdd.jpg
こちらはパンだけを焼いた後に、フルーツタルトのようにカスタードクリームを乗せ
オレンジコンポートと冷凍ベリーを乗せました。冷凍ベリーって便利です。

20161107000720b62.jpg
チーズとベーコンを挟んだものと、こし餡を挟んだもの。
同じように切れ目を入れてくるっとひねって成形します。
この形は簡単で見栄えも良くて気に入っています。

2016110700075298f.jpg
角食パンをちょっと可愛くカラフルにしたいなと思って
ドライクランベリーチップス(赤)とコールデンサルタナレーズン(黄色)を混ぜました。

201611070008413c6.jpg
おまんじゅうみたいですけれどパンです(*^_^*)
生地に紫芋パウダーを練り込んで、中はこし餡とさつまいも餡。

20161107001002c84.jpg
こちらは定番のピザ。
市販のピザソース(トマト)を使ったものと、バジルソースとジャガイモのピザ。
天板に二つ並ぶように小さめに作って、一度に焼いています。

20161107001124c68.jpg
黒糖パン。
前に黒糖入りパン(分量の砂糖を黒糖にした)を焼いた時に、
薄い色にしかならなくて、
市販の黒糖パンのあの濃い色はどうやってるんだろう・・・不思議でした。
着色?カラメル色素か何かかなあと。

ネットを色々探っていたら、「モラセス」をちょっと混ぜると色が付くという情報を見つけました。
「モラセス」は糖蜜あるいは廃糖蜜のことで、焦がしたような渋みのある黒褐色のシロップです。
通常ベーグルは、(焼く前に生地を茹でる)と言う工程があり、その時にこのモラセスを入れて茹でると
焼いた後にベーグル独特の艶が出るのです。
たまたまそれが冷蔵庫に残っていたので、試してみました。

思った通りに茶色い色がつきました。
蜜のせいでふんわり感もアップしたように思います。

以前は週2~3回の頻度でパンを焼いていましたが、
ここ数カ月は、平均して週5回くらい焼いています。
夜の楽しみというか、趣味でもあるけれど、
数ヶ月前から電気代が上昇傾向・・・
オーブンを使う時間が増えた以外に電気をたくさん使った記憶がないので、
パン焼き作業のせいなのかなと。
高温になる電気製品って消費電力がすごいですものね。
悩ましいところではあります。
web拍手 by FC2

基本が一番難しい・・・ - 2016.10.03 Mon

パン作りの話、続きです。

ホームベーカリーで焼き上がりまでおまかせ、のパンばかりでは飽きてしまうので
手で成形をして焼きあげるものも色々作ってきました。

その中で何度作っても上手くいかないものがあります。

ひとつはバターロール。
巻き方が緩いと高さの出ないデレっとした形になり、
きつめにしっかり巻きすぎると焼きあげた時に巻き目が割れてしまいます。
巻きあげるために、生地を上手に伸ばして細長くするのも難しくて
なかなか満足出来ないことが続きました。

2016100223305924d.jpg
で、ついに上手くいきました!
この次に焼いた時に、また上手くいくとは限らないですが
コツは少しつかめました。

特に教室に通っているわけでも無く、レシピをみながらの独学なので、
あ、こうすればいいのね。っていうのは経験で覚えて行くしかないです。

もうひとつはクロワッサン。
これは生地づくりにとても時間がかかるのと
折り込んだバターが溶けださないように、そして生地が破れないように
慎重に生地の折り畳みをして行くのが難しいのです。

伸ばして、畳んで、冷蔵庫で30分冷やして、また伸ばして・・・
この繰り返しなんですが
私はせっかちでおおざっぱなところがあるので
あせってしまったり、このくらいでいいかーなんて勝手に決めてしまって
出来上がりはクロワッサンとか言い難いものだったりしました。

今回は慎重に慎重に・・・
心を落ち着けて待つ、ということを修行しているみたいだなといつも感じています。

2016100223293199dR.jpg

どうにかキレイな層ができました。
嬉しかったあ。
小さめに作ってある理由は、クロワッサンのカロリーがすごく高いからなんですけどね。
だけどクロワッサン、おいしいですものね。
また作ろう!と言いたいところですが、なにしろ時間がかかるし手間もかかるしで
当分は手を出しそうもないです(笑)

バターロールもクロワッサンも基本というか、パン作りをしたら一度はチャレンジしたいものです。
けれど基本のものほど、ちゃんと作るのは難しいです。

あとは、バゲットかな・・・
バゲットは本当に何度も焼いてきましたが、一度もこれだーー!!というものができません。
70点くらいのものは焼けるんですが。
これについては生地の寝かせ時間とか温度調整、オーブンがどれだけ高温になるか、など
色々難しい面があるのでちょっとあきらめてもいるんです。
出来る範囲でいいかな、と。
いや、しかしそれでは悔しいなあと思うところもあって
まだまだパン修行は続きます。

web拍手 by FC2

9月のパンまとめ - 2016.10.03 Mon

10月に入り、少し涼しくなりましたね。
一年の4分の3が終わって今年もあと3カ月しかありません。

何でも一年ごとに区切る必要もないし、日々は連続していくわけですが
それでもやはりあと3カ月しか、と思うのとまだ3カ月もある、と考えるのでは
違いが出るのかも知ません。
今年の目標だったことで、結局まだやれていないことをやっておこう!と
具体的に行動したり誰かに宣言したりするほうが、良い結果を生むのではと思います。


さてさて、先月(9月)に焼いたパンのうちいくつかをご紹介しますね。

201610022332334e6.jpg
小さめのバゲット2種類。
シュガーバター味とバジルソース味です。

20161002233148ec2.jpg
少し甘めのパン生地でこしあんを包み、ネジネジっと成形したものです。
こんにゃくを煮る時に手綱こんにゃくっていう形にする時がありますね?
あれと同じです。

20161002233122a0f.jpg
角食パンのアレンジにちょっとハマって作ってみたものです。
普通の生地と紫芋パウダーを練り込んだ生地とで
甘納豆ミックス(製パン材料を扱うお店から購入)をいれてぐるぐる。
巻き方のコツがわかってきました。
思ったよりカラフルにできてうれしかったです。

2016100223300547b.jpg
こちらは柔らかめのドライイチジクを小さめに切って、
ホームベーカリーでぐいぐい捏ねて、赤茶色(赤紫かな)の生地を作り
プレーンな生地と重ねて巻いたもの。
焼きあがってカットするまで、どんな断面になるかドキドキします。
これは綺麗に渦巻きができたかな。

次、カスタードクリームを使って・・・
20161002233044846.jpg
基本のクリームパンと、カスタードを包んだ生地に切り込みを入れて
ひねりながら丸くまとめたもの。
この成形は色んな物を包むことができて応用がききます。

20161002232831c6d.jpg
こちらはちょっと可愛い成形方法です。
生地を丸く付いて、回りにねじった細い生地をくるっと巻いて
中にカスタードクリーム。
トッピングはオレンジコンポートと冷凍のミックスベリーです。
少し手間のかかる形だったので、娘Sちゃんに手伝ってもらったら
なかなか手際が良くて感心感心。
料理を作ることには興味がないけど、パンやお菓子は作ってもいいかなと言ってました(笑)

もう少しご紹介したものがあるのですが、
次回に~~~


web拍手 by FC2

モンブランの思い出 - 2016.09.27 Tue

先日、モンブランケーキを頂きました。
モンブランを食べるのは久しぶりでした。

20160923091433eba.jpg
綺麗なデコレーション!

実はモンブランってケーキの中ではあまり好きではなくて
表面のマロンクリームも、中に入っている生フリームも量が多いと言うか重すぎて・・・・
というイメージだったのです。

でも違いましたね!
私がしばらくモンブランを食べずにいた年月(笑)の間に
クリームは甘さ抑えめで栗の味がちゃんとして、中のクリームもさっぱり柔らかい甘さで
パクパク食べられました。美味しかったな~(*^^)v

昔のモンブランってこうじゃなかった・・・・
栗の甘露煮が一個乗っていて、黄色いクリームがうねうね乗っていて
中も甘いクリームだけで
甘いものが好きな私もちょっと胸やけするものでした。

201609230916204c0.jpg
こういうのね。
金紙(シャリシャリした素材の)でくるまれているんですよねー
今でもこのタイプもあるみたいですが、
昔のモンブランとか昭和のモンブランと言われているそうですよ。

昭和のモンブランと言えば、
亡き父が、仕事の帰りなどにケーキを買ってきてくれることがありました。
ホールケーキではなく何種類かを詰め合わせてあって、好きなのを選ぶという
私にとっては本当にうれしいうれしいおみやげでした。

当時はそれほど種類は無かったと思うけれど、
いちごショートやチョコケーキに混ざって、モンブランも必ずありました。
何故かと言えば、父本人がモンブランが大好きだったから。

ある時、おみやげの箱をワクワクしながら開けてみたら、
全部・・・モンブランだったことがありました。
え~・・・これ好きじゃないのに・・・なんてことは決して言わなかったけど
甘い黄色いクリームを食べながら、ちょっとがっかりしたことを思い出します。

亡き父は栗が好きでした。

母が栗を茹でると、食卓の上に新聞のチラシを広げて
その栗をザーっと並べて、
小さなナイフで半分に切って、スプーンで中身をくるっと掘りだして食べていました。
「そういう食べ方、珍しいね」と言ったら
「これが一番無駄がない食べ方だ、ポロポロこぼれないし食べやすいから。」
なんて自分が発見したみたいに得意げに言ってたっけ。

父がたまに、ケーキを買ってきてくれた日には
何か理由があったのでしょうか。
今となっては分からないけれど
想像力がもっとあれば、これで短編小説でも書けるかもしれないですね。
文才がない私は、せいぜいモンブランを食べて父を思い出すくらいしかできません。

web拍手 by FC2

これより新しい記事を見る «  | BLOG TOP |  » これより以前の記事を見る

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ