topimage

2007-08

ミニギャラリー - 2007.08.28 Tue

うちの廊下

自宅の廊下に写真を並べて飾りました。
ポストカードを飾るつもりが、なかなか気に入ったのがなくて
自分で写した写真をラミネートして(文房具やさんで簡単にできるのがありますね)
並べてみたのですが、こうして写真を撮ってみると、ちょっといいでしょう?
手間もかからないんですよ。

ミニギャラリーなんていうほど、かっこいいものじゃないですが
撮りためてあった写真もこうやって飾るとなんだかいいじゃ~ん!と
自画自賛、自己満足しています。

最初、私の趣味の古い建物をメインに飾ろうとしたら、どうにも暗くて
(古い建物だから仕方ない面もありますが)
Sちゃんが「もっと色のはっきりした写真を入れたほうが引き立つよ!」
とアドバイスしてくれたので、古い建物にこだわらずに写真を選びなおし、
また、並べるときも「ここにこれを置いた方がバランスがいいよ」などと
Sちゃんの意見に従ってみたのです。
結果、素敵に見えるのでこれはSちゃんのセンスとアドバイスに感謝ですね。
もともと私が自分で写した写真を飾ればいいのに、と言ってくれたのは
T嬢なので、T嬢にも感謝!です。
(両方にお礼しとかないとさ、後でクレームがくるからね(笑))

いちおう写真の紹介です。
といっても私のホームページや過去にブログに載せたものがほとんどですが。
写真1
右から 岩手旧第九十九銀行階段・東京文化会館内部の螺旋階段・旧古河邸ベランダ

写真2
右から 日比谷三信ビル(悲しいことに取り壊されてしまいました)・
東京ディズニーシーの風景・慶応大学内の古い校舎(現在は事務棟として使用)

写真3
右から 国立博物館の表慶館内部・山形鶴岡カトリック教会・東京都庭園美術館
(旧浅香宮邸)テラス
web拍手 by FC2

おめでとう - 2007.08.26 Sun

秋田に住んでいる姪っ子は、中学で吹奏楽部に入っているのですが
今日、東北大会に出場し、なんと!めでたく全国大会に出ることが決まりました!
本当に良かった~ おめでとうNちゃん(見てないだろうけど・・・)

中学や高校の吹奏楽部って、上手い学校ほどものすごく熱心で、
朝から練習、放課後も遅くまで練習、土日はもちろん、時には合宿までして
有名な講師の先生を招いての特訓をやったり・・・・と
それはそれは熱の入れようが違うんですよね。
姪っ子の中学は私の母校でもあるのですが、一体いつからそんなすごい事になったの?
とはるか昔のOGは思います。

ついでながら、私の母校の高校も昨日行われた東北大会高校の部に
出場したんですって。こちらは惜しくも銀賞だったのですが
それにしたって私がいた頃は特に上手でもなく、東北大会に出場できるなんて
考えられないことでした。
でも、卒業して何年たっても、母校の良い知らせはうれしいものです。


吹奏楽コンクールの全国大会は東京の普門館大ホールで行われるのですが
ここは、吹奏楽をやっている生徒たちにとっては、甲子園みたいなもので
いや、甲子園は一県に1校出られますが、ここは各地区で3校くらいしか
いけませんから、甲子園よりも狭き門なんですね。
実は、私の教室の生徒さんで、高校時代に全国大会に出場した方がいらして
その方から色々話を聞いては、吹奏楽部のすごさとか大変さを知りました。
何にしろ、全国レベルになるためには、普通の練習ではだめってことですね。

夏休みに姪っ子に会った時には、練習を続けなきゃいけないのがつらいから
もう全国には行かなくていいよ・・・なんて、
ちょっとエネルギーが続かないような事を言っていて、
確かに疲れている様子ではありました。

でも、誰でもが経験できることではない事を経験できるのですから
これは貴重ですよね。
全国の吹奏楽部の生徒たちが憧れる舞台で演奏できるんですからね。
悔いのないように良い演奏ができればいいと思っています。

さて、10月の全国大会。
このチケットはぴあで販売されるのですが、大変な争奪戦だそうで
1時間くらいで売り切れるらしいですよ。
アマチュアのしかも生徒の演奏なのになんで?と思いますが、
ものすごく人気があるのですって。
プロの演奏よりも気合がこもっていて、気持ちが伝わってきて好きだ
っていうファンもいるそうです。

私もチケット発売日には電話をかけまくって、なんとかチケットを取りたいと
思っているのですが、どうなることやら。

とにかくNちゃんと姉一家、そして母校のM中おめでとう。

web拍手 by FC2

言いたくないけど - 2007.08.25 Sat

いやはや言いたくないですけど、毎日暑いですね。
先週までの、のんびりお休みモードから一転、教室のレッスンも再開し
忙しい一週間でした。
暑さはつらいですけれど、この猛暑の中を来てくださる生徒さんたちを思えば
涼しい部屋で待っている私が、暑いなんて言ってられないです。
ぐったりしがちな気持ちを奮い立たせて、頑張らなきゃなって思います。

今週は色々なスポーツをテレビで見られて、スポーツ観戦好きの私としては
うれしい限りでした。
サッカーのキリンチャレンジカップ(田中達也くん代表復帰おめでとう)
サッカー北京五輪予選も同じ日にありました。
世界競泳、世界陸上・・・・この二つはですねぇ、選手たちの頑張りや
結果にはものすごく興奮するし、力を込めて応援しますけれど
どうにも、中継しているテレビ局のやり方っていうか、うまくいえないですけれど
明らかに煽り過ぎ、騒ぎ過ぎという感があっていやだなあと思うことが多いです。
特にキャスターとかレポーターとかスタジオで大騒ぎしている人たちね、
なんでこの人が?とか煩いなぁと思うことがよくあります。
(特に俳優O。なぜ彼はいつもあんなに偉そうなのか。本業をちゃんとやればいいのに)
こういう場合、競技が終わってキャスターとやらの人たちがしゃべりだすと
チャンネルを変えてしまうこともあります。(性格悪いかな私)

しかし!ここは力を込めて言いたいですが、タレントだけでなく
中継しているアナウンサーも叫び過ぎ、っていうこと多くないですか?

スポーツの中継は、その競技をちゃんと分かっている人に冷静に解説を
してもらいたし、
アナウンサーとしてのノウハウをちゃんと持った人に、静かに・正確に中継をして欲しいものです。

さて、今日は埼玉スタジアムで浦和レッズの試合もありました。
(田中達也!同点ゴールおめでとう。試合中の真剣な顔と誠実そうな話し方が好きです)
娘T嬢は時々、埼玉スタジアムや駒場競技場の売店でアルバイトをしているのです。
登録制のバイトで自分の都合がつく日で、且つ学校に支障無い日に限ってやってるのですが、
今日はこの暑さでしたから、きっと大変だったと思います。
少しでも暑さがしのげるようにと、保冷剤を凍らせたのをタオルに包んで持たせて、
麦茶も持たせました。
レッズの試合はいつもお客さんが多いですからね、いつもかなり忙しいらしいです。
と、言っても目が回るくらい忙しいのは試合前で、試合が始まると割とヒマなんだそうで。
レッズのファンは本当に熱心な人が多いですから、
「試合中売店なんてとんでもない!」というところでしょうかね。
ですから、バイトの子もちょっとは試合が見られたりするようです。

今日も疲れて帰ってくることでしょうけれど、
大学生の夏休みはアルバイト!あとは遊んで過ごす、っていうのが
正しい夏のすごし方ですよね(笑)

T嬢とメル

これは数日前の写真ですが、T嬢がアイスキャンデーを食べていると、
すかさず近寄ってきて、一緒に食べたがるメルちゃんです。
T嬢はメルと同じコップで水を飲んだり、メルがこぼしたものも食べたり
(と言ってもドッグフードじゃないですよ念のため)
平気な娘なので、一つのアイスキャンデーを上からT嬢、下からメル・・・と
仲良く舐めています。
暑いですからね~。アイスキャンデーおいしいですもんね。

web拍手 by FC2

夏休み日記=まとめ= - 2007.08.20 Mon

まとめって言うほどのことじゃないですけれど、
夏休みの間、私の故郷って実はとても良いところなんだな、と思うことが多かったです。
空気も水もきれいで、山も湖も海も近くて(車で2時間以内で色んな場所にいけます)
大型ショッピングセンターもあるので買い物にも困らないし、
なにより食べ物が美味しくて、四季の移り変わりがはっきりしていて・・・
情報を得たければインターネットがありますしね。

若いときは気が付かなかった田舎の良さを、あらためてしみじみと思いました。

帰りの車の中で夫が
「これで雪が降らなければ住んでもいいんだけどな・・・」とポツリ。
でも実際住むとなると、仕事は簡単には見つからないでしょうし、
いくら豪雪対策をしても、降ってくるものは仕方ないし寒さも厳しい地方です。
埼玉⇒静岡⇒埼玉⇒東京⇒さいたま、と暮らし続けている夫にとっては
住みにくいことも多いと思うんですね。
秋田弁はできなくても困らないですけれどね。(ヒアリングができればね)

でも、私の故郷を好きになってくれてありがとう、という気持ちです。

私自身、故郷を離れてからの年数の方が長いですし、
ここの暮らしの便利さとか人とのつながりを思えば、
今、故郷に戻って暮らすことはできないですけれど
年に1度は(できればもう数回)環境と食文化と自然の美しさに恵まれた
故郷に帰りたいなと思います。

帰る日に母が、色々な野菜をたくさん買って持たせてくれました。
みょうががたっぷりあったので、甘酢醤油漬けにしました。
みょうが甘酢漬け

酒、砂糖、塩を煮立たせてから酢を加えて漬け汁を作り、
さっと茹でた(熱湯にくぐらせる程度)みょうがを漬け込むのですが、
我が家はみんな、甘酢があまり好きではないので、お砂糖は控えめです。
そのかわりに白醤油(だし醤油の薄口)を入れてお醤油の風味を足しています。
醤油を入れると美味しいんですよ。
白醤油を使ったのは、普通の醤油だとせっかくのきれいなみょうがの色が
変わってしまうからです。
みょうがって酢に漬けると、ピンク色に染まってきれいなんですよね。
甘みを抑えたせいか、娘たちにも好評でご飯のお供に食べています。
web拍手 by FC2

夏休み日記=後編= - 2007.08.20 Mon

夏休み日記パート3です。

8月16日(木)
美味しいかき氷

帰省すると、必ず立ち寄る店がいくつかあります。
別に絶対行かなきゃ!って程の名店でもありませんし、行き忘れた年もあるのですが
行かないと何か忘れ物をしたような気になるのです。
この日はそんなお店の中から、かき氷屋さんと中華そば屋さんに行きました。
上の写真が「いちごミルクソフト」大きくてうれしい美味しさ!
去年、このかき氷屋さんについて、
「昔から『駅前のこおり屋』と言っているので店の名前が分からない」と書いているのですが、
今回はじめて店の名前を確認しました。(小さい頃から通ってたのに・・・
「○○青果店」だったんです(意外!)そういえば昔は果物も売っていたような・・・

さて、午後からは車を1時間ちょっと走らせて、家から一番近い海まででかけました。
曇りで風も強くて遊泳禁止だったのですが、もとより泳ぐつもりは無かったので
ジリジリと暑くない分、海辺の散歩もラクでした。
娘たちはひざまで海に入って大はしゃぎ!
普段「日焼けは絶対したくない!!」などど力を込めて言っている娘たちですが
こうしてみると、本当は海で思いっきり遊びたいんじゃないの?と思います。
で、帰ってきてから「焼けちゃった~どうしよう~」って大騒ぎするでしょうけどね・・・

メルちゃんは打ち寄せる波に興味津々で、波打ち際にトコトコと歩いて行って
足先を波に洗われてびっくりしてみたり、海水を舐めてしまってむせたりと
なかなか楽しい様子でした。
海を見つめるメル

メルの足先がものすごく細くなっているのが見えますか?
トイプードルって、本当は折れそうなぐらい足が細いんですよね。
普段はモコモコの毛で隠れていますが、こうして足の下半分だけ細いと
なんだかヘンですね。

8月17日(金)
今日は姉の家で、「恒例ガーデンパーティー」の予定でしたが
朝から雨が降ったりやんだりで、結局家の中でのパーティーになりました。
雨は残念でしたが、この日は最高気温が30度以下でとても涼しく
やっと一息つけた感じでした。

姉の手料理1

姉の手料理2

毎年、気合いを入れて美味しいご馳走を作ってくれる姉ですが、
今年は、去年のメニューを私のブログで確認して、それとダブらないように
考えてくれたんだそうです。(ブログってこういう時役立つんですね)

地元で採れた新鮮で美味しい野菜を中心に作ってくれたメニューは・・・
大根(千切り)とねぎと豚ばら肉の煮もの(あっさりスープ仕立て)
豚肉&みょうがの味噌だれ焼き
 こんがり焼いてあって美味!みょうがの香ばしく
みょうが好きのT嬢はばくばく食べていました。
野菜スティック(アスパラ、きゅうり、にんじん、トマト、ブロッコリーなど)
 これは姉お手製の唐辛子味噌をつけて食べました。美味しかった~
キタアカリ(黄色くて甘みの多いじゃがいも)のサラダ。
 ゴロゴロと大きく切ったじゃがいもにマヨネーズと胡椒がポイント。
春雨の中華炒め 
 中にヤングコーンが入っています。ヤングコーンって水煮のヤツしか
 見たことが無かったのですが、この辺では生のヤングコーンがたくさん売られていて
 それを茹でてサラダにいれたり、生のものをてんぷらにしたりして食べているんです。
 知らなかった~。水煮のものは好きじゃなかったのですが、生のはとっても美味しい。
 てんぷらにしたのも美味しかったし、ヤングコーンのイメージが変わりました。
・マーボ豆腐&茄子
 インスタントの麻婆豆腐の素を使わないところが偉い!といつも思います。
油淋鶏(ユーリンチー)
 これはいつも娘たちに大好評なので、今年も子ども達用に作ってくれました。
おにぎり2種
 今回は姪っ子MちゃんとNちゃんで作ってくれたそうです。
 わかめご飯のおにぎり(大葉で巻いてあるほう)とゆかりとじゃこのおにぎりでした。

本当にたくさん用意してくれてありがたかったです。
毎年、実はこれが一番楽しみだったりします。
姉には大変な思いをさせてしまっていますけれど、
もうホント美味しくて箸も止まらず、お酒もいくらでも飲める!って感じで
この日もいい気持ちで酔っ払いました。
姉にとっても楽しみになっていると良いのですが・・・どうかな・・・

web拍手 by FC2

夏休み日記(男鹿半島へ)=中編= - 2007.08.19 Sun

夏休み日記パート2です。

8月14日(水)
車で男鹿半島までドライブ。
秋田県の地図で日本海側にカブトムシの角みたいに突き出た半島がありますよね?
そこが男鹿半島。美しい夕日と海岸とナマハゲが名物です。
男鹿半島からの眺め1

男鹿半島からの眺め2


男鹿半島に行ったのは、小学校の遠足以来30ウン年ぶり。
その頃からすれば、高速道路もできて、とても近くなった感じがします。
男鹿半島の突端にリニューアルオープンした水族館があるのですが
その駐車場から見た景色が、上の写真です。(下の写真は岩場に降りて見た所)
携帯しか持って行かなかったことを激しく後悔・・・
何しろ本当にきれいな日本海が目の前にぱぁ~っと広がり、
真っ青な空と海は境目が分からないほどきれいで、光り輝いていました。
男鹿ってこんなに綺麗なところだったんだ・・・と感動しました。

この日も猛暑で、駐車場から水族館に向かって歩くだけでも倒れそうなくらいでしたが、
でも、「来て良かった」と心から思いました。
水平線が広く長くゆるやかに弧を描いていて、地球の丸さが実感できる
景色をみて、ちょっとうるうるするほどでした。

水族館は、ペット連れの場合ケージやバックに入れておけばOKということで
メルさんにはバックの中で大人しくしてもらいました。ちょっと暑かったかな。
館内のレストランもそのまま(バッグに入れて)利用できたので助かりました。

そのまま夕方までそこにいて、美しい夕日を見たいという気持ちもありましたが
今日はもう一つお目当てがあって、横手市にあるふるさと村に移動。
お目当てはですね・・・
秋田県だけで有名な「超神ネイガー」っていうヒーローショー?を見に行ったのです(笑)
2年ぐらい前から、話題になりはじめたこのキャラクター。
他にちゃんとお仕事を持っているおじさん&お兄さんたちが作り上げたもので
いまや秋田のイベントやお祭り、デパートの催しものなどに引っ張りだこ。
キャラクターグッズもたくさんあります。
そのノリというか楽しんでやっている感じ、
決して本気で商売にしようとは思っていない(たぶん)感じと、
ショーのセリフが全て秋田弁であるというくだらなさ加減が好きで、
一度見たかったんですよね。
何しろキャッチフレーズが「海を山を秋田を守る、地産地消型ヒーロー」
ですからね。地産地消っていうところがいいでしょう?
たぶん秋田県民か秋田出身者じゃないと楽しさは分からないかと思うのですが
面白かったですよ。(地元の子供達が決めポーズとかを知ってるのにはビックリ!)
ご興味のある方は、「超神ネイガー」で検索してみて下さい。
公式ホームページがあります。すごく面白いですが秋田弁がちょっと難しいかな。
Wikipediaにも解説が載っています。(ウィキに事細かに書かれてるっていうのも面白いな)
そうそう、ネイガーのテーマソングは、あの水木一郎さんがマジメに歌っています。
いかにもヒーローものの曲ですが歌詞は秋田弁です(笑)

ついでながら、この「ふるさと村」では犬はケージなどに入れたままで
事務所で預かってくれます。
お世話などはしてもらえないのですが、長時間滞在するようなところでもないので
預かってもらえるだけでもありがたかったです。


8月15日(水)
今日は地元の市で「成人式」がありました。
夏に成人式?とお思いでしょうが、地方ではわりとあることなんですよね。
20歳くらいの若者はほとんど県外の大学や会社に出て行ってしまうため
(地元には大学が無いのですよ・・・)
1月中旬の成人式の頃には、みんな正月休みも終わり、
地元から出て行ってしまうので、式に参加できる人が少ないんです。
そこで、お盆の帰省シーズンにあわせてやった方がみんな出席できる、という理由からなのです。
私も夏の成人式でした。かえって気楽で良かったように思います。
夏の式ですから振袖ではなく、ワンピースを新調してもらったんですよね。

さて、姪っ子のMちゃんは今年が成人式!おめでとう!
彼女も埼玉の大学に通う身ですが、帰省して今日の式を迎えました。
お母さん(私の姉ね)に見立ててもらった白いレースのワンピースと
黒のボレロを着て、美容院で髪の毛もおしゃれにしてもらい、
と~っても美人さんになりました。
早いものだなあと、姪っ子の姿をみてしみじみしました。
生まれたときからずーっと知っている子どもが、成人式っていうのは
ちょっと感慨深いものがありますね。

夜に、その姉一家が実家にやってきて、Mちゃんの成人のお祝いと
お盆の宴会ということで盛り上がりました。
父が亡くなってから、家には男性が姉の夫(義兄ですね)と私の夫だけで、
あとはぜ~んぶ女性(メルも女の子ですからね)
まったくもってにぎやか(というか騒々しい)宴会でした。
昔のビデオを引っ張り出して爆笑したり、ご飯もお酒も美味しく
楽しい夜でした。
実家に帰ると、ビールが美味しくてしかたありません(笑)
楽しいのと、のんびりしてられるのと、やはり食べ物が美味しいからですねきっと。
ビールも日本酒もいくらでも飲めそうになって困ります。
この日も、お酒の強い義兄さんと結構飲んでしまいました・・・

web拍手 by FC2

夏休み日記=前編= - 2007.08.19 Sun

一週間の帰省中のことをまとめて・・・・

8月12日(日)
朝出発した我が家の車は、予想通り渋滞に巻き込まれ
普段よりも2時間遅れて私の実家に到着。母と姪っ子たち二人が待っててくれました。
夕焼け

写真は山形県を通過中の車の窓からSちゃんが撮影。(クリックで拡大します)

家に着く少し前に、人家のほとんど無いところでいったん車を停めて、
星空を眺めました。
プラネタリウムのような、降ってくるようなたくさんの星。
じっと見ていると恐くなるくらいの星が見えて、娘たちにしてみれば
こんなにたくさんの星をナマで見たのは初めてで感激していました。

ここ数日はペルセウス座流星群が見られるピークだと聞いていたので
深夜になってから、娘たちと家の外に出てみました。
いくら田舎と言っても、実家に来る途中で車を停めたところに比べれば、
人家もあれば街灯もある明るい町中なので、星は見えるかな・・・
と思っていたのですが、見えました!!
この日は快晴で夜になって風も吹いたせいか、空がきれいだったんでしょうね。
きれいな流れ星を何個も見ました。
こんなに一度に流れ星を見たのは、私も生まれて初めてのことで感動でした。
写真に撮れないのが残念ですが、忘れられない光景になりました。


8月13日(月)
朝、メルさんと近所をお散歩。
お散歩中

見慣れない場所にメルさんは興味津々で、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。
朝の時間なら本当は涼しいはずなのに、日差しは強くじりじりとして
連れ歩く私の方が先に、くたびれてしまいました。

今日はお盆。
一日中その準備で母に付き合って買い物や料理の手伝い。
体が溶けそうなくらいの暑さのなかで、大量にてんぷらを揚げたりして
汗だくでした。
(冷房の効いていても台所は暑くなりますからね~、ホント夏の調理は大変・・・)
父の墓を掃除して、花やお供えを並べて、父のためにビールとお酒も供えました。
本当は墓の前で、冷たいビールでも一緒に飲みたいぐらいでしたけれどね。

夜は、お盆の迎え火を焚いて、花火で遊んでから、またも流れ星観察をすることに。
昨晩は夫が疲れて先に寝てしまい見られなかったので、
夫にしてみれば、どうか今晩も見られますように・・・
という気持ちだったのでしょう。その気持ちが通じたかどうか、
この日も夜空は視界も良好、昨晩に引きつづき流れ星を見ることができました。
しかし、ぼーっと夜空を眺めているだけで、確実にいくつかの流れ星を
見ることができるのって、本当に珍しくて幸運なことですよね。

私とSちゃんが同時に同じ流れ星に気がついて
「今、見えたよね?!やった~!」などと喜んでいると、
T嬢がかなり悔しがり、
「誰かと共有できないとイヤだな、自分だけが見えたんじゃ
気のせいとか錯覚とか思っちゃって、確信が持てない!」
と怒り気味に言っていたのですが(その気持ちわかりますね)
その後めでたく夫と同じ流れ星を見ることができて、ハイタッチをして喜んでいました。
「見えた、見えない」で大騒ぎでしたが、大満足の夏の夜。
本当に貴重な体験をすることができました。
web拍手 by FC2

帰ってきました - 2007.08.18 Sat

本日帰省先から戻ってきました。
いや~、日本中が猛暑に見舞われた一週間でしたね。
秋田も北国とは思えないほどの暑さでした。
昼は暑くても朝と夜はしのぎやすい、っていうのが北国の夏なのですが
今年は朝から晩までずーっと暑かったです。
やっと一息つけたのは昨日と今日ぐらいでした。

しかし暑い暑いといいながら、今年の帰省はかなり中身の充実したものになりました。
ペルセウス座流星群を二日間にわたって堪能したり、日本海の美しい景色を見たり、
帰省中のことは、おいおい(できれば明日中に)追加していきます。

今日は午前10時に実家を出て、山形道、東北道を通って帰ってきたのですが
たいした渋滞もなく、今までで一番すんなり早く帰ってこれた気がします。
いつもこんなだといいのですが・・・
帰省ラッシュって仕方ない部分もありますけど
(大変な思いをしてでも帰りたいっていう気持ちもありますしね)
でもやっぱり、大渋滞はつらいですからね~。

というわけで、途中福島県の国見SA(上り)でお昼ごはん。
このSAは高いところにあるので、レストランから福島平野が一望できる
とても眺めの良いところです。
しかもレストランのテラス席と芝生の部分は犬連れOKなので
私たちもテラス席でのんびりお昼を食べました。
普段、犬連れでのドライブではご飯を食べる場所に困ることが多いので
こういうSAのレストランはありがたい存在です。
国見SAからの眺め

今日は涼しかったので、テラス席での食事も気持ちよかったですが、
これが猛暑の中だったら・・・と考えるといくら犬連れOKでもつらいですよね・・・
メルちゃん

メルも私の足の間でおとなしくしていましたよ。
(たまにとおりがかる犬に吼えていましたけどね。
シッポは相変わらず下向きで、恐くて吼えているって感じです)

web拍手 by FC2

花火大会 - 2007.08.11 Sat

今日はさいたま市花火大会に出かけました。
さいたま市花火大会は今年から大宮・浦和・岩槻の三会場で、
それぞれ別の日に行われ、今日は浦和会場の日だったのです。
会場は浦和競馬場でした。
何年か前までは、うちのベランダからも遠くにでしたけれど見えたのですが
マンションやビルが増えたせいで全く見えなくなり、
今年は初めて現地まで行くことにしました。

歩くと20分以上かかる場所なので、夫とSちゃんと私と三人で自転車で出かけました。
T嬢は浴衣着て(着せて)別行動。花火デートでした。楽しかっただろう事は言うまでもなく。
いいよね~カップルで花火って。

いや~、本当に暑かったです!

何しろ昼間の気温が37度!それがそのまま、というよりそれ以上に
大混雑の人の熱気でムシムシと暑く、汗だくで会場にたどり着きました。
でも、花火は本当にきれいでしたよ。
汗だくで行った甲斐がありました。
ビール片手に、目の前に上がる花火を見上げて(口が開いちゃいますよね)
すっかり暑さも忘れて楽しみました。
毎年1回くらいは、花火を間近で見たいものです。
今年の夏は、こうして降ってくるような花火が見られて良かったです。

花火1 花火2


携帯で写したので、全然きれいじゃありませんが雰囲気だけでも。
花火を写真に取るのって難しいですね。
「今だ!」と思ってシャッターを押すともう終わってるし・・・・
来年はちゃんとカメラを持って行こうっと。
右側の花火は浦和レッズ提供の赤一色の花火。(レッズカラーですね)
これがとても長い時間、たくさん上がって、とてもきれいでした。
赤一色っていうのも案外きれいなんだなって思いました。

さて、明日12日から実家に帰省します。
帰省中の話題は、できるだけ携帯から更新するつもりです。

みなさんもお盆休みでのんびりしている方が多いのでは?
猛暑でつらいですけれど、どうぞ夏を楽しんで下さいね。


web拍手 by FC2

絵本原画展 - 2007.08.08 Wed

家の近くにある「うらわ美術館(ロイヤルパインズホテル3階)」で開催されている
「ブラティスラヴァ世界絵本原画展(以下BIBと略します)」にいってきました。
スロヴェキアの首都ブラティスラヴァで行われるこのBIBは
2年ごとに世界各国のベテラン作家たちの作品が多数集まりその個性を競っています。
(他にボローニャ絵本原画展がありますがこちらは新人作家の登竜門だそうです)
今回のBIB展はその2005年大会の作品を展示しています。

構成としては、第一部がグランプリほか数々の受賞作品の原画の展示と
その製本(商品として売られている状態)の展示です
グランプリ作品

パンフレットの写真なので見づらいですが、イランの作家の「黒鉛筆と赤鉛筆」
日本の作家では酒井駒子さんが金牌を受賞されていました。
こどもたちの静かな息遣いとしんとした雰囲気が感じられる作品でした。

第2部はBIBに出品された日本人作家の作品とその絵本。
青山邦彦

主な出品者は、青山邦彦、荒井良二、宇野亜喜良、おぼまこと、こみねゆら、
長新太、どいかや、成田雅子、降矢なな、他各氏。
日本人の作品が一番読みなれているせいか、
ストーリー展開もこちら側にすっと伝わるものがあり
絵そのものにもとても魅力を感じました。


第3部はスロヴァキアの隣国チェコの絵本創世記の作品の展示です。
1930~1940年代の絵本や、ポストカード、ポスター類
1940年代の作品

このコーナーはとても古い作品ばかりなのですが、
そんな時代を感じさせない明るさがあり、
今見てもポップでかわいらしく、壁に飾りたいな~と思うものが多かったです。

原画が展示されているフロアに、広めのイスとテーブルがあり
そこに絵本が置かれていて、だれでも何度でも読むことができます。
夏休み中ですし、絵本がテーマの展示会ですので、子どもたちも多く
みんなイスに座って熱心に絵本を読んでいました。

娘たちを連れて行ったのですが、T嬢もSちゃんもそれぞれ気に入った
絵本があったようで、時間をかけて読んでいました。

静かな広々とした場所で、原画に囲まれてその絵本を読むことができるのって、
なかなか貴重で素敵な体験ですよね。
予定よりも長い時間を過ごして数々の絵本を読みました。

私は酒井駒子氏と青山邦彦氏の絵が特に気に入ってしまい、絵本を買おうかと思案中。
他にもチェコの1940年前後に活躍したヨゼフ・ラダ氏のポストカード類が素敵でした。

うらわ美術館はこじんまりした美術館で、それほど派手な企画展はないのですが
その分混んでいませんし、趣味の良い、ゆっくりと鑑賞できるような企画が多く
いい美術館だなと思います。

今回は特にイスに座って本を読むことができる、というのが大きな魅力でした。
なにより近所なのもいいですね(笑)

外は暑いですが、美術館の中は別世界です。
静かで穏やかな時間が過ごせます。
ご近所にお住まいの方、ぜひ足を運んでみてください。
ひととき暑さを忘れられますよ。
(大人600円大高生400円中学生以下無料!9月2日まで開催)
web拍手 by FC2

これより新しい記事を見る «  | BLOG TOP |  » これより以前の記事を見る

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

月別アーカイブ