topimage

2016-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

開花 - 2016.03.21 Mon

東京都での桜開花宣言がありましたね。
近所の小さなお稲荷さんの桜をちょっと見てみたら



咲いていました!
枝の先に数輪ですが、さいたまも桜開花しましたよ。



これから半月くらいはここを通るたびに
春の雰囲気を楽しむことができます。
買い物の行き帰り、嬉しい気持ちになれる季節がやってきました。

ここの近くには早咲きの桜(種類はわからない)が1本あって
それは1週間くらい前から開花しています。


こちらは今が見頃。満開です。

毎年書いているけれど、日本はどんなところにも桜があって
名所とか公園でなくても、桜を愛でることが出来て
本当にいいなあと思います。

朝晩はまだまだ寒いですけれど
昼の日差しや風の匂いはすっかり春のものです。

長い冬が明けて、何か良いことがありそうな
気持ちも前向きになりますね。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

台所の楽しみ - 2016.03.18 Fri

今年のホワイトデーは多肉植物の寄せ植えをプレゼントしてもらいました。



キッチンのカウンターでポトス、アイビー、サンセベリアを育てていて
と言ってもごくごく小さいのだけど、それなりに育つと嬉しくて、
もっと何か置きたいなと思ったのがきっかけです。
日当たりも少しだけなので多肉植物がいいかなとリクエストしたわけ。


10種類くらい入っていて、色も形も様々です。

多肉植物って全然詳しくないので、
インターネット図鑑みたいなもので
それぞれの名前を調べたのですが
ものすごい数なんですね。
科、属、の分類があってさらにそこに数百種、
さらに改良品種なのかな、和名の付いたものもとても多くて
なかなか品種名の特定が出来ません。

これかな?と思っても少し葉の形や色が違ってたり…
和名に至っては、ほんのちょっとの違いだけなのに
雅やかな名前がたくさんあって
とても調べきれません。

今のところハッキリ名前がわかるのは4つくらい。


台所に立っている時に、目の前に緑があるのは嬉しいですね。
ほんの少しだけ、素敵なキッチンになった気がします。
バレンタインのチョコレートケーキのお返しは
台所での楽しみとなりました。
ありがとうね。


余談ですが、多肉植物って少し前から流行ってますよね。
ブログなど様々なSNSを検索すると
ハマっている人たちの記事がたくさん見られます。
自分で増やしたり、おしゃれな鉢に入れたり
とても素敵で憧れたりもするけれど、
多肉植物に対して『うちの子』って書いてる人たちが多いのはなぜかなあ。流行り?

植物に限らずコレクションしてるものとか
ハマっているものを『うちの子』と表現する人たちって結構います。
げー…いやだなあ。ペットならまだしもさぁと思っちゃう。
知り合いでもなんでもないからいいけどね。


web拍手 by FC2

母と娘の一泊二日 その3 - 2016.03.17 Thu

一泊旅行の記録の続き
子どもの遠足の作文のように、出発から帰るまで
ダラダラ書いてしまいますが
もう少し読んでいただければ…

雪まつりも終わり、だいぶ冷えてきた会場。
津南駅周辺の駐車場に向かうバスに並ぶ列が長く長くなっているのを見つつ
わたしたちは十日町駅行きのシャトルバスに乗車。
予約開始時間すぐに申し込んだ甲斐がありました。
寒い中を並ばずに済んだのは良かったです。

今回、色んなことを早め早めにやっていたのが功を奏しました。
何をいまさら、と思われるでしょうが
なにかと時間ギリギリ、準備不足ということが多い私。
ちゃんと余裕を持つことって大事だなあと思ったのでした。

バスを降りて予約していたタクシーを待ち
あてま高原リゾート、という所にあるホテルにGO!


こちらはスキー場の入り口?にある素敵なホテルでした。
探してくれたSちゃんによるとクチコミサイトでも高評価なんだと。
チェックインはT嬢がササッと済ませてくれました。
私が疲れてると気遣ってくれたのか、それとも自分がやるほうが早いと思ったのか(笑)
なんにしろ、子連れ旅行と言っても大人の娘たちなので
色々と助けられることは多かったです。

お部屋はファミリールームで広々。
娘たちと並んで温泉に浸かるのも11年ぶりくらいかな
なんだかしみじみと嬉しかったです。


翌朝、もう一度三人で温泉に入ってからの
朝食バイキング、美味しかったです。
調子に乗って和洋食の両方食べてお腹いっぱい。
T嬢は納豆ごはん、Sちゃんは卵かけごはん
『普段の朝ごはんの3日分は食べたよね〜』と。

このあと十日町から越後湯沢に向かい
越後湯沢から大宮までは新幹線でたったの一時間ほど。
近いです。あっという間に帰宅しました。

今回、雪国への旅ということで三月でも雪や吹雪になることも予想しました。
それが二日ともお天気が良くてあまり寒くもなく
スキー場や周囲の山は雪があるものの
道路は完全に乾いていて歩くのも車もラクでした。
それがラッキーだったと思います。

前にも書きましたが、私が帰省以外に泊りがけの旅行をしたのは11年前以来のこと。
そんなに旅行が出来なかった理由は色々です。
メルがいて、メルをペットホテルに預ける気持ちにはなれなかったこと。
またペット連れOKの温泉なども行く機会がありませんでした。
そして、この10年の間には娘たちの受験あり卒業入学あり
バタバタとあっという間に過ぎてしまった感じです。

成人した娘たちとの初めての旅は、
気楽で話も盛り上がって楽しかったです。

家でメルと留守番してくれた夫には感謝しかありません。
私と娘たちは普段は仲良しだけど、揉め出すとこじれがちなのでf^_^;
夫は少し心配していたみたい。
でも大丈夫でしたよ。

今度は夫と二人旅もいいなあ、
それこそT嬢が生まれる前に行ったきりだものね。

もちろん、メルが元気なうちにメルを連れて一度みんなで旅行に行くことも、絶対に実行したいと思っています。

おわり。


web拍手 by FC2

母と娘の一泊二日 その2 - 2016.03.16 Wed

昨日の記事の続きです。

つなん雪まつりは続々と人が集まり
かなりの人混みになったころ、
スカイランタンの引き換えチケットの抽選会が始まりました。
方法はシャトルバスチケットに押印された番号の
末尾の数字によって決まると。
うちは3人分、『7.8.9』の三枚を持ってました。
ステージでの番号発表……
『最初の番号は…8です!』
やりました!当たりました。
寒い中、来た甲斐がありました。

ランタンは一般の抽選で700個、地元の人たちや
ホテル宿泊客、プレミアム駐車場予約者…などで300個
計1000個が空に上がるとのこと。
上げずに見るだけの人たちも入れたらいったいどれだけの人がいることやら。
群衆、と言えるような人の数でした。

いよいよです。
会場のアナウンスでは着火係のスタッフ達が
火をつけに行くので待つように、との指示。
遠くの方はすでに暖かなオレンジ色の炎がたくさん灯り始めていました。
なのに、私たちの周辺には全然着火係さんが来ない…どうしたらいいの?
私たちも周りの人も、どうするどうする?の状態。
そのうちにカウントダウンが始まってしまい、
あちこちからランタンが昇っていきました。

これは焦りました。
娘たちは『写真も撮れないー、余裕がないじゃん!』と文句も言ってましたが
そうこうしているうちに着火係さんが来て
私たち周辺も明るい色に包まれました。


やったね!

紙製の軽いランタンに温かい空気が溜まって
浮力(揚力?)がついてきます。

周りを見回せば、カウントダウンには関係なく
まだ上がっていないものもたくさんあったり
記念写真や動画をとっている人たちもいて
それぞれにこのイベントを楽しんでいるようでした。
焦ることは無かったのね。







次々に昇っていくスカイランタンは
風に乗って大きな天の川のように流れていきました。

昨日の記事で紹介した写真のような、
一斉に上がっていく美しい写真は写せません。
だけど今までに見たことのない眺めに感動、感激でした。

娘たちと空を見上げて
『写真よりもさ、目に焼き付けておくのが一番いいね』と話しました。
冬空につながる光の列は
本当に見事で心に残りました。

雪まつりは終わり。
夜の8時半。かなり冷え込んで来ました。
予約していたホテルは隣町とは言え遠いのです。
チエックインが遅くなるのは連絡済みだったけど
無事にたどり着けるか…

続く。

web拍手 by FC2

母と娘の一泊二日 その1 - 2016.03.15 Tue

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』のワンシーンで
無数のランタンが空に昇っていくというのがあります。
あのシーンが大好きなSちゃんが
『日本でもあんな風にランタンをあげることができるんだってー』と見せてくれたホームページ。
それは新潟県中魚沼郡津南町の雪まつりのイベントでした。


これは公式サイトの写真をお借りしました。
きれいでしょう?

これに行きたい!と計画し始めたのは約半年前のこと。

すでにイベント会場内にあるリゾートホテルは満員で
同じ津南町の宿泊施設は軒並み予約でいっぱいでした。

少し離れた十日町市にあるホテルを予約できたものの
駅から会場までのシャトルバス、帰りは電車もバスも終わっているので
有料のシャトルバスを十日町市まで事前予約、
そこから先のホテルまでのタクシーも予約、
新幹線のチケットも一ヶ月前に購入して
…と事前にやることは色々あり気ばかり焦る日々でした。

何しろ、昨今のSNSの広まりで沢山の人がこのイベントを知り
問い合わせが殺到したようなんです。
雪まつりのサイトには
『トイレ、食料の不足、バスやタクシーの不足による混乱が予想されます』と書かれてしまうくらい。

しかも会場はスキー場ですので
三月とは言え猛吹雪もあり得るわけです。

いったいどうなることやら…

でも娘たちとの旅行は、
実家に帰省する以外では初めてのことで
楽しみでもありました。
…っていうか、メルが家に来てから一度も泊りがけの旅行をしていなかった…


さてさて、前置きが長くなりましたが
先週末3/12-13、いよいよ一泊二日の旅スタート。



この日は幸運なことに穏やかなお天気。

津南駅からシャトルバス乗り場まで、30分ほど歩いていくのですが
雪解けの風景がきれいで、なんだか懐かしくもあり
娘たちとおしゃべりしながら歩きました。
(ここで大雪だったら大変だったと思う)


ニューグリーンピア津南、というスキー場とリゾート施設のある場所が会場です。

かまくらや露店が並んでいたり
スノーボードの大会が開かれていたりして賑やかでした。
音楽ライブとかもありましたよ。

しばらく会場で過ごしてから
会場内のホテルでお茶をしたり暖まる私たち。
どんどんお客さんが増えてきます。

ランタンの抽選はシャトルバスのチケットに押された番号で…ということでしたが
いったい競争率はどのくらいなのか、
せっかくきてハズレたらがっかりするだろうな
まあ、見てるだけでも感動するだろうけど…

あれこれと気をもみながら夕方まで過ごしました。

果たしてランタンを上げることはできるのか!
…なんて引っぱる必要もないけれど
ちょっと長くなったのでー

つづく。

web拍手 by FC2

寄り道 - 2016.03.08 Tue

昨年の秋に地元浦和駅にアトレ(JRが出資してる商業施設ね)ができました。

線路の高架下を利用した南北に細長い作りで
食料品、飲食店などが30店舗ほど入っています。
それほど頻繁には行かないのですが
普段のお買い物のついでに立ち寄るのが『蔦屋書店』です。

私の家から線路沿いをてくてく歩くと
アトレの入り口があり、エスカレーターを降りていくと蔦屋書店。
ちょっとお高めだけど良いなあ〜と思える雑貨や文具などもあり
なによりも本や雑誌の品揃えが個性的、特徴的で
すごく魅力ある書店です。
(ご存知の方も多いとは思いますが)

それほど広くはないのですが、
テーマごとにブロック分けされた書架は
例えば『和菓子』のコーナーであればレシピ本、写真集、和菓子に関する歴史、風俗などの本、
和菓子にまつわるエッセイなどがひとまとめになっています。
食に関するコーナーだけでも、すごい数があるので
パンの本、お惣菜の本…どれもこれも素敵です。
こんなにたくさんの本が(しかもマニアックなものもかなり)出版されてるんだ、と驚くばかり。

雑誌のコーナーにも、普通の本屋さんではあまり見つからないようなものも揃っていてその充実ぶりがすごい。
狭い分、本に囲まれている…という感覚があってなんとも幸せな気分になります。

先日は気がついたら1時間半ほど過ごしてしまいました。
店内にはスタバも入っていて、あちこちに置かれたソファに座って
コーヒーを飲みながら売っている本を読むことも出来るのですが
なんだか、こぼしてしまいそうで
それが気になりだすとたぶん本の中身が頭には入らないだろうと思うので(笑)
コーヒー片手に優雅に…というのは実践していません。

また、この蔦屋書店の中を通り抜けた先には
新しく設置された浦和駅の北口改札があり
夫や娘は毎日この書店を通り抜けて電車に乗っています。
この改札ができたおかげで、ちょっとだけ駅入り口がうちから近くなり便利にもなりました。

もう一軒、買い物の帰り道にできた寄り道スポット。


カフェ ド カファというお店。
喫茶店ですね。
このお店は長い間、もう少し駅から離れた場所にあって
何度か行ったりもしていたのですが
アトレよりも北側の高架下、居酒屋や飲食店などが並ぶ一角に移転してきたんです。


スタバやタリーズ、ドトールといったカフェよりも
ゆったりと落ち着いて過ごすことができます。
メルが家で待ってると思うと、なかなかのんびりも出来ないのですが
ほんのちょっとの寄り道もまた楽しいものですね。

web拍手 by FC2

2日遅れのひなまつり - 2016.03.05 Sat

メルがうちに来た翌年から、お雛様を出さなくなった我が家、
娘が2人もいるというのに、毎年のひなまつりは食事だけになりました。

今年は2日遅れてしまいましたが、
家族でひなまつりのお祝いを。


(メニュー覚え書き)
ちらし寿司があまり好きではない娘たちなので
○炊き込みご飯
○はまぐりのお吸い物
○菜の花の胡麻和え
○黒豆
ポテトサラダにゆで卵のみじん切りを乗せて
○ミモザサラダ
写真だと見えないけど、
○レンコンマヨネーズマリネ
○キャロットマリネ
○ミートローフ。
このミートローフはいちおう菱餅の配色を考えて
上のタネに赤パプリカのみじん切りを混ぜ
真ん中は白ごま入り
下にはピーマンのみじん切りを混ぜましたが
オーブンで焼き上げたら、色の違いが目立たなくなり残念でした。
それと、果物を可愛い器に入れて。

今年のケーキはイチゴ入りレアチーズケーキにしました。


イチゴとイチゴのスキマがあいてしまって
ここもしっかりとチーズ生地が入ればもっと良かったけれど
娘たち2人とも、ひとくち食べた瞬間に
『うまっ!♡』とか『うんめぇー!』と言ってくれたのでそれが何よりです。
(言葉使い悪くてすみませんです)

ひな人形をしまい遅れると嫁に行き遅れるとか言いますよね?
だけどそれはもう、今の時代の価値観にはまるで合っていないです。

ひな人形を出さなくても、ひなまつりが遅くなっても
娘たちが揃って美味しい美味しいって食べてくれれば
それが幸せ。

娘たちにはこれからも健康で
好きな事やりたい事、熱中している事を
一生懸命やってほしいな。
かっこよく言っちゃうけど、自分の人生なんだから楽しんで生きていってね、と願うばかりです。

web拍手 by FC2

義母の通信簿 3 空白の1年 - 2016.03.02 Wed

昭和17年4月、お義母さんは高等女学校に入学しました。


一年と二年の成績です。
最初は甲乙の評価でその後優良に変わっていますね

去年、入院中の義母を娘たちと見舞った時に
娘たちに女学校時代の話を聞かれて
『英語の授業はね、途中から無くなったんだよ』
『じゃあ、英語の先生は何してたの?』
『さぁ、どうだっかなあ、お作法とか裁縫なんかを教えてたと思うよ。』
などと話していたのを
〜向田邦子のエッセイみたいだな〜と思って聞いていました。
義母は向田邦子さんと同じ年齢なんです。
だからあのエッセイと同じような学校生活を義母も送っていたわけ。


右側、三学年の1学期の欄、英語が空欄になっていますね。

そして、三年生の二学期から四年生の一学期まで
通信簿は空欄です。
『修練』という手書きの項目があるだけです。
この空白の一年間、義母は父親が作った下駄を履き
母親が縫ってくれた防空頭巾を肩に掛けて
女学校に通っていました。
勉強のためではなく、です。

戦時中の学徒勤労令、国民勤労動員令、そして女子挺身勤労令の公布により、
義母のいた女学校も授業は中止、雨天体操場を学校工場として
陸軍被服廠の仕事(軍服の縫製)をしていた一年でした。

義母にとってはこのことが一番強く辛い思い出だったのでしょう、女学校時代の話と言えば
よくこの、軍服の縫製の話をしてくれました。
女学校って言ってもね、ミシンかけばっかりしてたんだよ、勉強なんてあんまりしなかったんだよ…
という風に、私や娘たち(孫たち)に。
でも、少しは授業もあったんだろうと私は考えていました。
それが、この通信簿を見てとてもそんな悠長な話では無かったんだ、
女学校に行っているという意味はなかったんだ
と思い知らされました。

当時の学校に関する歴史として…

1945年(昭和20年)
3月 - 決戦教育措置要綱が閣議決定され、昭和20年度(同年4月から翌3月末まで)授業が停止されることとなる。
5月22日 - 戦時教育令が公布され、授業を無期限で停止することが法制化される。
8月15日 - 終戦。
8月21日 - 文部省により戦時教育令の廃止が決定され、同年9月から授業が再開されることとなる。

授業は無期限停止、という時に義母はちょうど女学生だったのですね。
絶対に逆らう事も不満を口にもできずに、授業は禁止、国のために総動員、という現実。
日本史の授業やドラマ、テレビの特集番組などで
知識としては知っていたことが
自分の身近な人が経験していてこうしてリアルな形で
その当時の様子がうかがい知れること、改めて戦時中の事を考えさせられました。

当たり前に勉強や進学ができる時期に、
たまたま戦争があって、思い通りにならなかった人たちは
たくさんいます。
私の父もそのひとり。
また、義父はこの頃出征していました。

今さら何を言っても、どうにもならないことですが
戦争さえ無かったら、義母の人生は違っていただろうなと思います。
もちろんその当時の多くの人たちもそうですね。

戦争があった時代は遠い過去ではない、
義母さんの通信簿を手にして、そんなことを思いました。

これは貴重な思い出の品として、私が保管しておこうと思っています。



web拍手 by FC2

これより新しい記事を見る «  | BLOG TOP |  » これより以前の記事を見る

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。