topimage

2016-06

おとなになって分かること - 2016.06.30 Thu

昨年義母が亡くなってから、夫の実家の片付けを続けているわけですが
もう、あらかた整理は終わり、あとは義母の私物や残したメモ、覚え書きのノートなど
捨てるのに迷うものがほとんど。
そんな中に夫や兄の「成績表、テスト、作文・・・」とお義母さんがまとめてあったものがあります。

今日はその中にあった一通の手紙について書きます。
ちょっと長文になるけれど。

☆☆☆

私の夫は小さい頃、食べ物の好き嫌いが多くて
小学校の給食の時間に良い思い出がない、
という話はたびたび聞いていました。

小1の時の先生は、食器を持って「残してもいいですか?」と聞きに行くと
その残量を見て、もう少し食べなさいとか判断をする人だったそうで
夫はまったく食べられないおかずをスプーンで散らして
さも、少しは食べたように見せかけて持っていったり(笑)
食べられなくてじっと座っているうちに、掃除の時間になり
机ごと教室の後ろに下げられることもあったと。
(低学年の頃って給食の後が掃除の時間だったですよね。そういう子っていたなぁ・・・)

そんな頃に、夫は隣のクラス(一年三組)の先生から一通の手紙をもらいました。
それがこちら↓

2016062603380567a.jpg

本人は、このような手紙をもらった事などすっかり忘れていたので
そのいきさつは想像するしかないのですが
夫の担任の先生が、隣の組の先生に「給食をほとんど食べない子がいて・・・」と
相談したのかな?
隣の先生はもしかしたら学年主任とか、少なくとも担任の先生よりはベテランで
相談に乗ってくれていたのかも知れません。

さて、本題。
この手紙、大人になってから読むと実に良い手紙だなと思うのです。
まず最初の文、
「○○くんっていいこだなあ。」
「一ねん三くみになればいいなあとおもいました」
これだけで先生としての優しさや導き方のうまさがわかりますね。
最初にまず、誉める。
これ大事です。

担任の先生が困っているよ、どうして食べないの?とは決して書かない。
体を丈夫にするためだから食べようね、とも書かない。
親だったら好き嫌いのある自分の子につい言ってしまいそうなことは書いていません。

そして自分も好き嫌いがあっていまでも給食をどんどん食べられないのよ、と
だから○○くんの気持ち、わかるよと伝えたいわけですよ。
そして最後、
「すこしずつでもたべられるようにね」と最後までやんわりとしか諭していないところ、
がんばってね、なんて書かないところがすごくいいなあ、と思います。

残念ながら、この手紙をもらった本人は当時小学一年生だったから
そんなに心に響かなかっただろうとは思います。
だけどこの手紙、大人になった今読むと、しみじみといい先生だったんだなと気づきます。
○○くんが給食を食べられないことで、担任の先生ももちろんどうしたらいいか考えたでしょうし
となりのせんせいも一緒に考えてくれたのでしょう。
そんな背景が今になってわかりますね。

これは昭和40年代前半の話です。
すごく厳しい先生もいたはず。
でもこんな風にひとりの子どもに心を砕いてくれた先生もたくさん居たんだと思います。

☆☆☆

ところで、夫が食べられなかったものはたくさんあるのですが、
例えば、パン、牛乳、マヨネーズの味のサラダ類、お肉の脂のところ。
それとデザートによくありがちなプリン類も食べられなかったと。
なるほど、給食で食べられるものがほとんどないですよね。

夫の名誉のために付け加えると、好き嫌いの多いわがままな子だったわけじゃなく
食わず嫌いだったのだと私は思うのです。
要因はいくつかあるのだろうけど、
夫は幼稚園の頃、「自家中毒」で激しい腹痛、下痢を起こし入院したことがあって
病院で検査に連れて行かれる時、
「お母さん助けて!!」と泣き叫んだことは、何度かお義母さんから聞かされました。
「申し訳なくて可哀そうでね、あれは忘れられないよ・・・」と言っていたお義母さん。
「自家中毒」って今はあまり聞かないですけれど、
原因ははっきり分からなかったらしいです。
おそらくお義母さんは自分の調理したもののせいで、と思ったのかもしれません。

そんなことがあったせいか、生モノや牛乳、デザート類はあまり食べてこなかった。
当時はどこの家庭でも米中心で、パンなんてそんなに食べなかったですよね?
あと、これは私が結婚して遊びに行った時に気付いたのですが
お義母さんは肉の脂身を全部切り落として焼いていたのです。
「あ、全部捨てちゃうんですか?」と、つい言ってしまった時、
「美味しくないし消化が悪いからね」と言われたんです。(美味しいのに・・・)
そう言えばご飯のおしゃもじを使う前に、
「おまじない」と言ってガスの火にささっとかざしたりもしていました。

そうやって息子を大事に大事に育ててきたお義母さん。
この手紙を読んだ時、どう思ったのでしょう。
優しい人でしたから心を痛めたとは思うけれど、
だからと言って無理に家でも食べさせようとはしなったんじゃないかな?
私自身が母親になって、子どもの好き嫌いで困ったこともたくさんあったし
これもまた、大人になってわかることです。

この手紙の存在をお義母さんが元気なうちに知っていれば、
色々と聞けたのに・・・そういうものがたくさん残されていて残念でなりません。
けれど、これが50年近く保管されていたことはすごいです。

☆☆☆
長文になってしまいましたが、今の夫は嫌いなものがほとんどありません。
茹で野菜をマヨネーズと醤油で和えたものとか、パクパク食べます。
あんなに嫌いだったのにな、と言っていたこともありました。
「大人になったねぇ~~」とふざけて言いながら笑っている夫です。
本人は覚えていなくても、こんなに良い先生が近くにいたんですね。





web拍手 by FC2

二時間ほどの小旅行 - 2016.06.28 Tue

先週のことですが、メルのトリミングをお願いしている間
夫と川越方面へ。
まずはJAの産直販売所に行って新鮮な野菜を安く買い、
川越で昼ごはんとしました。
前々から行ってみたかった「風凛(ふうりん)」


川越の蔵が立ち並ぶ通りに面したカフェの脇に
狭〜い入り口があります。
どうやら、カフェとはひとつながりで
表通りに面している方は店舗、裏は住居部分として
使用していたのではないかと思われます。


いつ頃の建物かハッキリはしませんが
雨に濡れた木造の家屋はしっとりと良い雰囲気でした。
こういう家が大好きです。

平日にも関わらず人気店なので少し待ったのですが
その後最初に空いたのが個室だったようで
予約もなしだったけど、そこに案内されました。

ちょこっとお昼ご飯、と言うには緊張してしまうお部屋…

思いがけず、とても素敵な個室に座ることができて
嬉しいやら何やら、舞い上がってしまったのか、
最初に頼もうと思っていたものより
ワンランク上のメニューをオーダーしてしまいましたよ(笑)


食事はとても丁寧に作られていて美味しかったです。
窓からの眺めも、どこかの宿とか古いお家にお邪魔したみたいで
ここがいつも来る川越とは思えないねーと
まるで小旅行に来たような気分になるよね、
などと夫と話しました。

こんなに近くでしかもお手頃価格で
幸せな気分になれる私たちって安上がりかも知れないですね(笑)
短い時間ながら、気持ちが落ち着くお出かけになりました。

うちから車で1時間程度の場所でも
素敵なところはまだまだありそうです。

web拍手 by FC2

梅シロップふたたび - 2016.06.28 Tue

今月はじめに作った梅シロップは
三週間目に出来上がり、毎日美味しく飲んでいます。
飲みきる前にもうひとビン、仕込みました。


出来上がった方は別のビンに入れ替えて
前回と同じ分量でもう一度作っています。
仕上がる前に今あるシロップが無くなっちゃうかも…

実はもう一回分、梅を冷凍しているので8月いっぱいは
梅シロップを楽しめそうです。
お砂糖が多いので少しだけ気を使って薄めに作り
酢っぱーっ、美味しーっといいながら
ゴクゴク飲んでいます。
さっぱりしますよ(^-^)


web拍手 by FC2

ここ2ヶ月のパン写真まとめ3 - 2016.06.19 Sun

パンの写真シリーズ3回目です。

近頃の私、ごはん作りについては
1、朝のお弁当の事
(作り置きがワンパターンにならないように、とか
朝寝坊しませんように。なんてことを)
2、夜に仕込むパンを何にしようか。
と、この2つばっかり考えています。

夜ごはんのメニューはなんとなく、勢いというか流れで…(手抜きとも言いますね)

さてひとつめは、

いちごみるくパン

水の全量を牛乳にしてイチゴジャムを塗って巻いて
二等分してねじります。
それを食パン型に入れて焼きましたが
ちょっとイチゴジャムが足りなかったです。
もっと生地を大きく伸ばしてジャムを塗れば良かった。


クレセントロール

バターロールと基本的には同じなんですが細く巻いていって
三日月型に成型します。
中にバター少々入れて巻いてあり、岩塩をトッピングしてあるので
塩バターパン、という感じです。
もっとシュッとした細い三日月を目指したんだけど
太めに焼き上がってしまった…
イーストの量と発酵時間を考え直すかな、
いや成型が下手なのかな、とあれこれ反省しています。


ツォップという編み込みパンです。

三つ編みパンは何度かやりましたが、
これは細く伸ばした生地4本を編んであります。
四つ編みの方法を何度も動画やレシピで見て
チャレンジしたらうまくいきました。
面白かったですよ。5本6本と編み込む方法もいずれ…。
クリスタルシュガー(グラニュー糖より大粒でザラメより小粒。)をパラパラして焼きました。



プチフランスパン。

ミニクッペとも言います。プチクッペか?
パンの名前は基準があるようで無いようで迷います。
要はフランパン向けに仕込んだ生地を小さく丸めて
ゆっくり発酵、表面に一本だけ切れ目(クープ)を入れたもの
レーズンとクルミ入りです。
小さめに作るとおやつにもなります。


で、これが最新作、今朝のパン。

ベーコンとチーズと薄切りタマネギを巻き
パン型に入れて上にマヨネーズ、チーズを乗せて焼いたもの。
食パンのアレンジ形です。
何かを巻き込むと焼き上がりに隙間ができやすいので
しっかりキツめに巻いた結果、なかなか綺麗にできました。
味はですねぇ、この中身は間違いなく誰が作っても美味しいので
やっぱりおいしかったですよ(笑)

パンの話題はここまで。
また写真がまとまったらご紹介します…


web拍手 by FC2

ここ2ヶ月のパン写真まとめ2 - 2016.06.17 Fri

パンの写真続けます。

リアルタイム更新すればいいのに
ついつい溜めてしまいまして…



これはうちの定番化しつつあるカンパーニュ。
全粒粉10%入りです。
カンパーニュ専用の発酵カゴを買って
本当に良かった。


そのカンパーニュをスライスしてサンドイッチ
今、サンドイッチの中身をたくさんギュウギュウにして
かつ、カラフルにするっていうのが
ちょっとした流行りですよね。
沼サンドとかわんぱくサンドって言いますよね?
あれ、実際やると難しいし食べにくいです。
やるのは楽しいですけれど。
このくらいの厚さで充分かと。



キャラメルクリームパン。
一個分ずつクリームを巻き込んで
切れ目を入れてねじって丸くまとめました。



こちらはおかずパン。調理パンとも言いますね。
アスパラガスとウインナーとマヨネーズ。
もうひとつは冷凍の鳥つくねとチーズ、海苔しょうゆ。
二つ食べたらお腹いっぱいでした。


これは折り込みパン。
薄く伸ばした生地にカスタードクリームを塗って
三つ折りしてまた伸ばし、さらに三つ折り…を3回繰り返して
層ができるようにしたものです。
クロワッサンやデニッシュ生地と同じようなやり方で
難しくて苦手なんですが
時間がある時はちょっと頑張って作っています。
だいぶ慣れてきたかな?と自分では思っているけど
まだまだですね。

さらに続きまーす。

web拍手 by FC2

ここ2ヶ月のパン写真まとめ1 - 2016.06.17 Fri

ほぼ毎日のパン作り、
色々と形を変えるのが楽しくて
わりと上手くできたかな?
と思えるものは写真に残してあるので
ご紹介します。
私の記録用という意味もあるので
あんまりご興味のない方には申し訳ないです。


ベーグル。クリームチーズとレモンジャム乗せ。
実はベーグルを焼いたのは初めて。
一度茹でるのが面倒だと思ってたんですが
やってみたらそうでもなかったです。
売ってるのと同じモッチリ加減でした(^-^)


こしあんを折り込んでクルクル巻いたものを三つにカットして三つ編みパン。


ハイジの白パン、と言われているパン。
焦げ目を付けずに焼けると満足度も上がります。
これは何度も焼いています。


細長く焼いたバゲットでサンドイッチ。
中身は焼肉とゴボウサラダとスクランブルエッグ、
その他野菜でした。
Sちゃんのお弁当にしました。


こしあんパン。
かわいい成形のしかたを紹介している
Webサイトを参考にしています。
お母さんが作る中ではかなり上位に位置するくらい好き、
とお褒めの言葉をいただきました(笑)


楕円形にしたカンパーニュ。
ライ麦と全粒粉を10%ずつ混ぜて、
どっしりヘルシーにしました。
ライ麦などを入れると膨らませるのが難しかったり
切れ目もうまく開かなかったりなので
満足のいく出来になる事の方が少ないんです。
この写真のが焼き上がった時は嬉しかった‼︎

続きます。



web拍手 by FC2

レモンシロップが出来ました。 - 2016.06.13 Mon

3つ前の記事(6月1日)に書いたレモンの砂糖漬け、
10日くらいで綺麗なシロップが出来ました。

皮をむいて漬け込んだので、
もう少しレモンの香りが欲しいと思い
無農薬のレモンを手に入れ、途中で足しました。

水と氷で割っても、炭酸で割っても美味しいです。
レモンもつまんで食べています。



今日はパンの中に、
漬け込んだレモンのみじん切りを混ぜて
くるくるひねって、焼き上がりにレモンシロップを
塗ってみたら
予想以上にツヤツヤになってびっくり。
レモンの香りと甘ずっぱさがとても良い感じに出来ました。

手作りのものは美味しいね。

同じ日に漬けた梅シロップは


現在こんな感じ。

梅を冷凍したのとグラニュー糖を使ったのが良かったのか
今までよりも早く出来ています。
お酢やホワイトリカーを少し入れるというやり方もあるけど
今年は梅とお砂糖だけ。
それでこんなにジュースが出来るなんてすごいねよぇ。

下のグラニュー糖が溶けたらOKです。
あと一週間くらいかな。

梅酒は今年は作らないつもりだったけど
まだスーパーには梅がたくさん売ってるし
どうしようかな…
あと、梅漬けにも挑戦しようか迷い中です。
(梅干しは手間がかかるのでやる予定なしです)

ちょっとだけ手間をかけて、
でも大した手間ではないくらいの(笑)
台所仕事が好きなんですよね。

レモンシロップはほんとに美味しくて
お砂糖の量を気にしつつ、
薄めに水割りにして、ゴクゴク飲んでおります!
web拍手 by FC2

プラスの『気』 - 2016.06.08 Wed

私は掃除が嫌いです(笑)
最低限、やることはやりますけれど
やり始めるまでなかなか腰が上がらないタイプです。

そんな私が今年に入ってから唯一心がけているのは
玄関を綺麗にすることです。
と言っても、生徒さんの出入りがありますから
片付けるのは当然なんですけれどねf^_^;)
『何人家族なの?』ってくらい散らかった靴を
しまいこんだり
あとは玄関にある小さな棚をマメにキレイにするくらいなんですけれど。

玄関が散らかっていると風水の考えでは
マイナスの気が入ってきて
家の中が澱むというのをテレビで見たのがきっかけです。
風水にこだわりすぎるとあれもこれも…となって
とてもやりきれないし、
それを鵜呑みにしてるわけではないけど
玄関がすっきりしてるのは気持ちがいいよなぁ…
と思ったわけです。




棚の上に置きっぱなしにしがちのカギなどは
引き出しに。
娘が忘れがちなモノは木箱に収納。
切り花を欠かさないようにしています。
センスがないのでお花は切りっぱなしのを飾るだけなんですけれどね。

この春からは、壁に季節の写真も飾るようにしました。
スマホで撮影したのを家でプリントしています。

後は玄関に置かれているゴルフバッグ(夫のとT嬢の)を
どこかに収納したいのですが場所が無くて…
これが当面の課題かな。

玄関がすっきり綺麗だと、プラスの『気』が入ってくるらしいです。
本当に運気が上がったという話もあります。

まだ特筆するくらいの良い事は無いのですが
家族が無事に暮らしていられるだけでもプラスってことなんだと思います。
もっと良い事があるように!なんて
欲張ってはいけないかしら…

この程度のことで『玄関を綺麗にしてます』なんて
書いていたら、お掃除が得意な人とかキレイ好きな人には
鼻で笑われそうですね。
しかし、私にとってはちょっとした変化、
そしてそれを継続してるってのは大きいことなんですよ。
当たり前でしょう?とは言わないでね〜。


web拍手 by FC2

谷中ひみつ堂 - 2016.06.02 Thu

ずーっと行きたかったかき氷屋さん、
谷中にある「ひみつ堂」に行ってきました。

行列のできるお店で土日は整理券が出る、と聞いていたので
娘Sちゃんと開店してまもなくの時間に着いたのですが
すでに並んでいましたねー




それでも平日なこともあって並んだのは
20分くらいでした。
谷中の狭い路地、ドアの色も看板も
手作り感溢れるお店。
すごく有名になったのに、小さな店舗のままで
お店の人たちもてきぱきと働いていて
いい感じです。




こちらが看板メニューの「ひみつのいちごみるく」
生のいちごから作った苺ソースが
綺麗で(どうやったらこんな色が出せるのかな?)
酸っぱ過ぎず、甘過ぎず、苺の香りもしっかりありました。
たっぷりかかったミルクも美味しく
なにより、氷の柔らかいこと!
ふわふわで口の中で無くなっしまう綿菓子のようでした。


こちらはロイヤルミルクティーキャラメル。

たーっぷりと雲のように柔らかい練乳入り生クリームが
すっきりした甘さで氷と混ぜるとホントに美味しい。

かなりの量に見えますが
空気を含んでふんわりと作られているので
もう、するっと完食しました。

熱いほうじ茶のポットが置かれているので
時々口の中を温めてはまた氷を食べて
いやぁ、美味しかったです。

他にも気になるメニューがたくさんあるので
これは何度か行かなきゃ。

あー美味しかったなあ。
と何度も思い返してしまうかき氷でした。



web拍手 by FC2

六月、夏のしたく - 2016.06.01 Wed

カラッとした暑い日が続いた5月、
ビールが美味しい季節でした(笑)が
ここ数日、じわじわと湿度が上がってきている感じです。
ムシムシした暑い梅雨の時期とそのあとの猛暑も
もうすぐなのかな。


近所の紫陽花も色づき始めました。


この二つの紫陽花は元をたどると
同じ株っぽいのですが
色が違って出ることもあるんですね。


いつもの年よりも小さめかなと思います。
土があんまり良くないのかな。


しばらくは、買い物の行き帰りに
花の色を楽しむことができます。

さて、子どもたちが小さい時は、
毎年マメに梅シロップを作っていました。
梅酒も作りました。
いつの間にか、つい時期を外してしまって
作らなくなって…

今年は久々に作りましたよ。

よく洗った大粒の青梅のヘタのところを
つまようじでポロッと取るのを
娘が手伝ってくれたものでしたが
今年は夫が、楽しんで手伝ってくれました。
こういうチマチマ(笑)した作業で
けれど成果が見えやすいものが大好きなんだそうです。
おかげであっという間に下ごしらえはできました。

袋3つにわけて冷凍。
冷凍すると早くできます。
いつもは氷砂糖を使うのですが
今年はグラニュー糖にしてみました。
さらっとした甘さになるとか、何かに書いてあったので。


梅シロップと一緒に、レモンシロップも作りました。
こちらはグラニュー糖とはちみつを入れて
レモンも皮をむいて漬けましたので
1週間くらいで飲めるようになるかな。

最近、レモン系の飲み物が好きなんです。
炭酸て割ってゴクゴク飲むのが好き。

どちらも早くできないかなあと
毎日瓶を揺すっては眺めている(眺めても早くはならないけど)
そんな毎日が始まります。
暑い夏に酸っぱくて甘い手作りの飲み物は
本当に美味しいんですよ。

あぁ、楽しみ楽しみ!




web拍手 by FC2

これより新しい記事を見る «  | BLOG TOP |  » これより以前の記事を見る

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ