topimage

2017-05

義母の通信簿 3 空白の1年 - 2016.03.02 Wed

昭和17年4月、お義母さんは高等女学校に入学しました。


一年と二年の成績です。
最初は甲乙の評価でその後優良に変わっていますね

去年、入院中の義母を娘たちと見舞った時に
娘たちに女学校時代の話を聞かれて
『英語の授業はね、途中から無くなったんだよ』
『じゃあ、英語の先生は何してたの?』
『さぁ、どうだっかなあ、お作法とか裁縫なんかを教えてたと思うよ。』
などと話していたのを
〜向田邦子のエッセイみたいだな〜と思って聞いていました。
義母は向田邦子さんと同じ年齢なんです。
だからあのエッセイと同じような学校生活を義母も送っていたわけ。


右側、三学年の1学期の欄、英語が空欄になっていますね。

そして、三年生の二学期から四年生の一学期まで
通信簿は空欄です。
『修練』という手書きの項目があるだけです。
この空白の一年間、義母は父親が作った下駄を履き
母親が縫ってくれた防空頭巾を肩に掛けて
女学校に通っていました。
勉強のためではなく、です。

戦時中の学徒勤労令、国民勤労動員令、そして女子挺身勤労令の公布により、
義母のいた女学校も授業は中止、雨天体操場を学校工場として
陸軍被服廠の仕事(軍服の縫製)をしていた一年でした。

義母にとってはこのことが一番強く辛い思い出だったのでしょう、女学校時代の話と言えば
よくこの、軍服の縫製の話をしてくれました。
女学校って言ってもね、ミシンかけばっかりしてたんだよ、勉強なんてあんまりしなかったんだよ…
という風に、私や娘たち(孫たち)に。
でも、少しは授業もあったんだろうと私は考えていました。
それが、この通信簿を見てとてもそんな悠長な話では無かったんだ、
女学校に行っているという意味はなかったんだ
と思い知らされました。

当時の学校に関する歴史として…

1945年(昭和20年)
3月 - 決戦教育措置要綱が閣議決定され、昭和20年度(同年4月から翌3月末まで)授業が停止されることとなる。
5月22日 - 戦時教育令が公布され、授業を無期限で停止することが法制化される。
8月15日 - 終戦。
8月21日 - 文部省により戦時教育令の廃止が決定され、同年9月から授業が再開されることとなる。

授業は無期限停止、という時に義母はちょうど女学生だったのですね。
絶対に逆らう事も不満を口にもできずに、授業は禁止、国のために総動員、という現実。
日本史の授業やドラマ、テレビの特集番組などで
知識としては知っていたことが
自分の身近な人が経験していてこうしてリアルな形で
その当時の様子がうかがい知れること、改めて戦時中の事を考えさせられました。

当たり前に勉強や進学ができる時期に、
たまたま戦争があって、思い通りにならなかった人たちは
たくさんいます。
私の父もそのひとり。
また、義父はこの頃出征していました。

今さら何を言っても、どうにもならないことですが
戦争さえ無かったら、義母の人生は違っていただろうなと思います。
もちろんその当時の多くの人たちもそうですね。

戦争があった時代は遠い過去ではない、
義母さんの通信簿を手にして、そんなことを思いました。

これは貴重な思い出の品として、私が保管しておこうと思っています。



関連記事
web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dailyrhapsody.blog23.fc2.com/tb.php/1380-d0210dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2日遅れのひなまつり «  | BLOG TOP |  » 義母の通信簿 2の補足 謎は解けた!

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ