topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

母と娘の一泊二日 その2 - 2016.03.16 Wed

昨日の記事の続きです。

つなん雪まつりは続々と人が集まり
かなりの人混みになったころ、
スカイランタンの引き換えチケットの抽選会が始まりました。
方法はシャトルバスチケットに押印された番号の
末尾の数字によって決まると。
うちは3人分、『7.8.9』の三枚を持ってました。
ステージでの番号発表……
『最初の番号は…8です!』
やりました!当たりました。
寒い中、来た甲斐がありました。

ランタンは一般の抽選で700個、地元の人たちや
ホテル宿泊客、プレミアム駐車場予約者…などで300個
計1000個が空に上がるとのこと。
上げずに見るだけの人たちも入れたらいったいどれだけの人がいることやら。
群衆、と言えるような人の数でした。

いよいよです。
会場のアナウンスでは着火係のスタッフ達が
火をつけに行くので待つように、との指示。
遠くの方はすでに暖かなオレンジ色の炎がたくさん灯り始めていました。
なのに、私たちの周辺には全然着火係さんが来ない…どうしたらいいの?
私たちも周りの人も、どうするどうする?の状態。
そのうちにカウントダウンが始まってしまい、
あちこちからランタンが昇っていきました。

これは焦りました。
娘たちは『写真も撮れないー、余裕がないじゃん!』と文句も言ってましたが
そうこうしているうちに着火係さんが来て
私たち周辺も明るい色に包まれました。


やったね!

紙製の軽いランタンに温かい空気が溜まって
浮力(揚力?)がついてきます。

周りを見回せば、カウントダウンには関係なく
まだ上がっていないものもたくさんあったり
記念写真や動画をとっている人たちもいて
それぞれにこのイベントを楽しんでいるようでした。
焦ることは無かったのね。







次々に昇っていくスカイランタンは
風に乗って大きな天の川のように流れていきました。

昨日の記事で紹介した写真のような、
一斉に上がっていく美しい写真は写せません。
だけど今までに見たことのない眺めに感動、感激でした。

娘たちと空を見上げて
『写真よりもさ、目に焼き付けておくのが一番いいね』と話しました。
冬空につながる光の列は
本当に見事で心に残りました。

雪まつりは終わり。
夜の8時半。かなり冷え込んで来ました。
予約していたホテルは隣町とは言え遠いのです。
チエックインが遅くなるのは連絡済みだったけど
無事にたどり着けるか…

続く。

関連記事
web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dailyrhapsody.blog23.fc2.com/tb.php/1384-2311295c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

母と娘の一泊二日 その3 «  | BLOG TOP |  » 母と娘の一泊二日 その1

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。