topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

美術館に行ってきた - 2016.09.04 Sun

土曜の午後、娘Sちゃんと待ち合わせて
ラフォーレ原宿の中にあるラフォーレミュージアムに行ってみました。
《ピクサー アドベンチャー「もしも」から始まる冒険の世界 》
を見に行ったのです。

ところがすごい人混み、大行列!

前売り券を持っていてもさらに
整理券が無いと入場できないような状況で
あきらめました。
また平日にでもちょっと行ってみましょう。

でも、せっかく出かけたので違う美術館に行ってきました。

地下鉄東大前駅から徒歩7分。
東大弥生門の向かいにある弥生美術館/竹久夢二美術館です。
ここはひとつの建物に二つの美術館が入っていて
こじんまり、小さな美術館です。

弥生美術館ではイラストレーター原田治さんの企画展
「40th anniversary OSAMU GOODS」開催中。
これ、見たかったんですよねー。


このイラスト、懐かしい!って思う方多いかと思います。
オサムグッズが世に出てもう40年ですって。
私も昔大好きで、バッグやお弁当箱、ハンカチ…色々持っていました。
娘にその話をしたら
「ちょうど、カワイイものに魅かれる年頃だったんだね」と言われました。
そうね、その頃はサンリオのグッズとか
スヌーピー、ディズニーのキャラクター…と
カワイイものがたくさん出てはじめた時代でした。

展示されているグッズはどれもこれも
「あ、こういうのあったよねー」と
ちょっと涙が出そうなものがたくさんありました。

隣接するカフェではラテアートもオサムグッズのキャラクター。
可愛かったです。

今、日本のカワイイという言葉は世界的なものになっていますし
娘たち世代は、なんでもかんでもカワイイ!って言います。
でもそのハシリというか私くらいの年齢からカワイイものにはたくさん触れてきていたんですよね。
たくさんのグッズを見ながら何度「かわいい♡」と言ったことでしょう(^-^)

さて、渡り廊下を通ってもうひとつの美術館に。
竹久夢二美術館は期間ごとにテーマを決めて
竹久夢二の作品や、その時代背景を写真で紹介するしています。



今回は「モダン都市 東京展」 というテーマ。
夢二が描いたポスター、広告、デパートの広報誌の表紙など。資料も含めて大正期から昭和はじめの東京の風俗が紹介されていました。

実は今まで竹久夢二というと、例の細身の女性を描いた絵くらいしかあまり見たことがなくて
今回、彼の違う作品を見てイメージが変わりました。
専門的なことはまるでわからないけれど、
ポスターの模様、色づかいなど
とても心惹かれました。

グッズをたくさん買いそうになりましたが
ぐっとこらえて少しだけ。

ここには昔懐かしい少女マンガや少女向け雑誌を元にしたポストカードや書籍などもあり
10代だった頃の懐かしさが込み上げましたね。

また、面白そうな企画展があったら出かけようと思います。
関連記事
web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dailyrhapsody.blog23.fc2.com/tb.php/1430-5957a2cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飾ってみた «  | BLOG TOP |  » 今月のパン

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。