topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

モンブランの思い出 - 2016.09.27 Tue

先日、モンブランケーキを頂きました。
モンブランを食べるのは久しぶりでした。

20160923091433eba.jpg
綺麗なデコレーション!

実はモンブランってケーキの中ではあまり好きではなくて
表面のマロンクリームも、中に入っている生フリームも量が多いと言うか重すぎて・・・・
というイメージだったのです。

でも違いましたね!
私がしばらくモンブランを食べずにいた年月(笑)の間に
クリームは甘さ抑えめで栗の味がちゃんとして、中のクリームもさっぱり柔らかい甘さで
パクパク食べられました。美味しかったな~(*^^)v

昔のモンブランってこうじゃなかった・・・・
栗の甘露煮が一個乗っていて、黄色いクリームがうねうね乗っていて
中も甘いクリームだけで
甘いものが好きな私もちょっと胸やけするものでした。

201609230916204c0.jpg
こういうのね。
金紙(シャリシャリした素材の)でくるまれているんですよねー
今でもこのタイプもあるみたいですが、
昔のモンブランとか昭和のモンブランと言われているそうですよ。

昭和のモンブランと言えば、
亡き父が、仕事の帰りなどにケーキを買ってきてくれることがありました。
ホールケーキではなく何種類かを詰め合わせてあって、好きなのを選ぶという
私にとっては本当にうれしいうれしいおみやげでした。

当時はそれほど種類は無かったと思うけれど、
いちごショートやチョコケーキに混ざって、モンブランも必ずありました。
何故かと言えば、父本人がモンブランが大好きだったから。

ある時、おみやげの箱をワクワクしながら開けてみたら、
全部・・・モンブランだったことがありました。
え~・・・これ好きじゃないのに・・・なんてことは決して言わなかったけど
甘い黄色いクリームを食べながら、ちょっとがっかりしたことを思い出します。

亡き父は栗が好きでした。

母が栗を茹でると、食卓の上に新聞のチラシを広げて
その栗をザーっと並べて、
小さなナイフで半分に切って、スプーンで中身をくるっと掘りだして食べていました。
「そういう食べ方、珍しいね」と言ったら
「これが一番無駄がない食べ方だ、ポロポロこぼれないし食べやすいから。」
なんて自分が発見したみたいに得意げに言ってたっけ。

父がたまに、ケーキを買ってきてくれた日には
何か理由があったのでしょうか。
今となっては分からないけれど
想像力がもっとあれば、これで短編小説でも書けるかもしれないですね。
文才がない私は、せいぜいモンブランを食べて父を思い出すくらいしかできません。

関連記事
web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dailyrhapsody.blog23.fc2.com/tb.php/1435-4cabf108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9月のパンまとめ «  | BLOG TOP |  » Eight Days A Week

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。