topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

甘酒 - 2006.12.16 Sat

今日は買い物の途中で、変に疲れてしまいました。
買い物客が多い時期ですから人ごみに酔ってしまったのかも知れません。

家に帰ってから、買い置きしてある甘酒を熱~くして飲みました。
甘酒は疲労回復に大変有効です。
甘酒、大好きなんですよね。

甘酒にはつくり方が二つあるんですってね。ご存知でしたか?

1.古くからの製法で麹(こうじ)とお粥状に炊いた米を混ぜて発酵させたもの。
甘味は、麹とお米から出る自然の甘さだけのものです。
(市販されているものには、お砂糖がプラスされているものもあります)

2.酒粕を湯で溶きお砂糖を加えて煮たもの。
 酒粕が材料ですから、1.とは味が違います。

一人暮らしをはじめた最初の冬だったか、初めて自分で買った甘酒が
2.の(酒粕+砂糖)のもので、全く美味しくなくてショックだった事を覚えています。
東京で売っているのは甘酒じゃない!と思いました。
私が子どものころから、大好きだったのは昔からの作り方、つまり米と麹だけで
出来ているものの方だったんです。

でも、住んでいる地方とかその家庭によって、どっちを甘酒と言うのかは
違うのかもしれませんね。
スーパーに行くと、どちらの製法のものも売っているので、
今はちゃんと自分好みの甘酒を買うようになりました。

そう言えば、娘Sちゃんの友達が
「あ~早く甘酒が飲めるようになりたい!」(かわいいなあ)
と言ったそうで、
「え?私、良く飲んでるよ。大好きだよ」
とSちゃんが言ったらば、
「えぇ~?甘酒ってお酒が入っているんでしょう?いいの?」
とびっくりされたとか。

実際、甘酒に日本酒を加えて飲む人もいるようで
私も勧められて飲んだ事がありますが(結構イケます)
本当はあくまでも、子どもでも飲める甘味飲料なんですよね。

幼い頃、母が甘酒を手作りしてくれたこともありました。
かなりはっきりと記憶しているので、何度も作ってくれたんだと思います。

町の麹やさんで麹を買って(その古い店の中を今も覚えています)
柔らかいご飯とまぜて、その鍋をタオルでぐるぐる巻きにして
コタツの中に入れて置くのです。
コタツの温度が発酵にちょうど良かったのでしょうね。

母が作った甘酒は、市販のものに比べてご飯や麹がたくさん入っていて
スプーンですくって食べながら飲んでいました。
寒い冬のくらしの記憶です。
懐かしいなあ。
また飲んでみたいけれど、今お願いしてもきっと、
面倒くさがって作ってくれないでしょうね。
第一、ここ何年も冬の間は実家に帰っていませんからね。

なんだか疲れが取れないので、残った甘酒をもう一杯飲んで寝ることにします。



関連記事
web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dailyrhapsody.blog23.fc2.com/tb.php/305-9ab3a5aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

気を付けましょう «  | BLOG TOP |  » 寂しさ

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。