topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

東京国立博物館 表慶館 - 2007.01.25 Thu

仕事が休みだった今日、午後からちょっと上野まで行って来ました。

目的は、上野公園内の国立博物館・表慶館の内部を見るためです。
表慶館

国立博物館の本館に向かって左手に、古い宮殿のような建物があります。
これが、表慶館です。
設計は片山東熊(迎賓館・奈良国立博物館・京都国立博物館なども設計)
1908年(明治41年)に後の大正天皇の結婚を祝う為に竣工され、
以来国立博物館の一部として、特別展等がある時に限り、
内部を一般に公開していました。

近年、雨漏り等の老朽化が激しく、一昨年から改修工事を行い、
その記念として、昨年10月から内部を公開していると。
行こう行こうと思いつつ時が経ち、気つけばもうすぐこの公開もおしまい。
あわてて、今日行ってきたというわけです。

今回は特に何かを展示してるわけではなく、
表慶館の歴史や改修工事の様子を、ビデオや資料で見る事はできますが、
メインはこのよみがえった明治の建築そのもの。
その美しさや技術の素晴らしさをじっくり見る事ができました。

ドーム 1階より見上げ


圧巻はなんといっても玄関を入ってすぐの3階までの吹き抜けになった
ホール部分です。
天井画が実に柔らかい光の中にあって、しばし見上げておりました。
色落ちの激しかった部分を修復したそうです。
美しい階段

2階へあがる階段の手すり。カーブの具合と細かい細工が素敵です。
真鍮でできた手すりは、触るとひんやりしていてそれでいてなめらかで
約100年間の時を過ごした味わいがありました。
私は、古い建築の中でも階段(手すり)が好きで、階段の良し悪しで
建物の好き嫌いもかなり決まってしまう所があります(勝手な見方ですけどね)
この階段はかなりポイント高いです。

床のモザイクタイル

2階から見下ろした1階ホール部分です。
床のモザイクタイルは、普通の焼成したタイルではなく、全て大理石!
色合いの違う大理石でモザイク模様を作っています。
窓

窓辺に寄りかかって、明治期の芸術品を眺めていました。
(めったに触れる事の出来ない大理石に寄りかかっていた、とも言えます(笑)

いい時間を過ごす事ができました。

展示品は何も無いので、美術工芸品や国宝、などが見たい方は
博物館本館にも立ち寄られるといいと思います。
通常料金(¥600)でたくさんの美に触れる事ができます。

表慶館の内部公開は、今度の日曜(1月28日)までです。
興味のある方は、一度どうぞ。


関連記事
web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dailyrhapsody.blog23.fc2.com/tb.php/325-50a858e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

合格祈願グッズその後 «  | BLOG TOP |  » 何かと気ぜわしくて

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。