topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

東京都庭園美術館その2 - 2010.04.02 Fri

上の記事の続き(その2)です

旧朝香宮邸には、アンリ・ラパン、ルネ・ラリックなど1920年代に活躍した人たちによる調度品、装飾品、家具などが数多く残されています。

決してゴテゴテしていないし、派手でもなく
モダンで上品で、すっきりしているのがアールデコの良さ、ではないかなと個人的には思います。
(これは好みもあるでしょうけれど)

玄関ガラスレリーフ
玄関部、ガラスレリーフ扉 ルネ・ラリック作
「その1」のほうでご紹介した噴水塔とならび、朝香宮邸を代表する作品です。

大客室扉
大客室扉 エッチングガラス(ガラス、鏡)によるデザイン。

この扉のデザインはアルーデコ様式を代表するものとして有名です。
正面から写したかったけれど、接写、接近禁止、ということでした。
それだけ貴重なものということなのでしょう。
それが、こうしてカバーも掛かっていない状態で
現物を見られるだけでも幸せなことかもしれませんね。

大客室シャンデリア
大客室シャンデリア ルネ・ラリック作

平日と言えども来客数がとても多く、部屋全体を写すのは難しかったです。
どうしても人が写ってしまうし、
人の流れを邪魔するような撮影はできないので
自然とカメラは上を向けざるを得ないのです。

でも、この朝香宮邸は、照明器具がすばらしい。
部屋によって全部デザインが違っていて、照明としての機能だけではなく
ひと部屋ごとの芸術作品という感じもします。

妃殿下居室照明
妃殿下居室 照明

姫宮居室前照明
姫宮居室前 照明

上のステンドグラス風の照明がとてもきれいで可愛らしくて
同行したSちゃんも気に入った様子で、携帯で何枚も撮影していました。
お姫様の部屋にはふさわしい感じのものって、平成の時代の女子にも心惹かれるものがあるのかもしれませんね。


照明器具だけでなく、暖炉の前をカバーする真鍮製のレリーフ、壁紙、鏡・・・などなど部屋ごとにすべて違います。
ご興味がある方はぜひ、本物を実際に見ていただけたら、と思います。

ここに載せたもの以外にも照明器具などをたくさん撮影してきました。
スライドショーにしましたので、ぜひぜひご覧ください。(その1でご紹介したものと同じです)

スライドショーは→ここをクリック


庭園美術館のHPは→こちらです(今回のイベントについての案内もあります)


引き続き「その3」もよろしければご覧ください↓↓(まだ書き足りない?(^^ゞ)




関連記事
web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dailyrhapsody.blog23.fc2.com/tb.php/786-be750692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京都庭園美術館その1 «  | BLOG TOP |  » 東京都庭園美術館その3

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。