topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

渡良瀬遊水地その1 - 2010.06.13 Sun

土曜日の午後、埼玉、群馬、茨城、栃木の4県に接しているという
「渡良瀬遊水地」までドライブに出かけました。

とにかく広くて、静かで、吹きわたる風の心地よい場所でした。


渡良瀬遊水地1

何箇所かに展望台があるのですが、そこから見ても広すぎて全貌がつかめないくらい。
なんと、山手線の内側の面積の約半分あるんですって!すごいね~。

周囲を車で回れるように、道路が整備されており、
案内の地図を見ながら移動したのですが、あとで確認したら、実はほんの一部にしか行っていなかったのね、と言うくらいの広さでした。

渡良瀬遊水地2

ほとんどの場所が葦(アシ)が生い茂る湿地帯で、
他に人工の湖と、ゴルフ場が一つ、整備されたサイクリングコース、広い広い芝生のスペースがあるくらいで、
周りからは隔離されたような感じのする場所です。
でも、そのおかげで、絶滅危惧種に指定されている植物があったり
鳥や昆虫類も、とても珍しいものが生息しているそうです。
「誰もいない、何もない」ということは自然にとってはものすごく好条件なんですね。

渡良瀬遊水地3

貯水の目的で作られた谷中湖、湖底はコンクリートで出来ているそうですが
あまりに広くて人工湖とは思えません。
ここは、ウィンドサーフィンやボート競技の会場としても使用されているそうで、
昨日も、ウィンドサーフィンを楽しむ人たちがたくさんいました。(写真をクリックして拡大するとよく見えますよ)

他にも、気球やスカイダイビングなどのイベントにも利用されているそうです。


なぜ、北関東の真ん中にこれほどの広い遊水地があるのか、ということがずっと疑問だったのですが
案内板に書かれた、この地域の歴史や記念碑などを読み、理由がわかりました。
明治の頃の洪水被害と、足尾銅山の鉱毒問題・・・というすごく重い過去があって、この遊水地はできていたのでした。
もし、ご興味がある方は→こちら 渡良瀬遊水地の成り立ちや全体の航空写真が見られます。

この遊水地の成り立ちについて、色々なサイトを読むにつれ、ちょっと気持ちが重くなる部分もありました。
ただ、かつてここに存在していた村の跡などが、ちゃんと解説付きで残されているのは意義のあることだと思うし、
現代に生きる人たちがここで自然の豊かさを実感したり、楽しむ事ができるのは、それはそれで有効にこの土地を活かしていると考えていいんじゃないかと思いました。

渡良瀬遊水地4

現在では、公園としても整備され、レンタサイクルや小規模ながら売店やトイレ、
近くには道の駅や産直のお店もあり、休日にのんびり過ごすには格好の場所です。

風に揺れるたくさんの木々と、3メートル位ある葦の原は圧倒的でもあり、
自宅から1時間ちょっとの場所とは思えないほど静かで、今までに見たことが無い景色でした。


関連記事
web拍手 by FC2

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dailyrhapsody.blog23.fc2.com/tb.php/817-f6037b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

渡良瀬その2・おみやげ «  | BLOG TOP |  » 夏服のメル

こんにちは!miyukiです。

浦和区でパソコンの個人教室を開いています。
本業の教室の内容については下のリンク欄にある
「Rhapsodyメインページ」をご覧下さい
こちらは、手作りのパンや美味しいごはん。
大好きな建物や花の写真。
そして家族と愛犬についての雑記帳です。

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

私へのメールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

月日をクリックし過去ログへ!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。